スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッシーのふたり

マリアのお尻

素敵な洗面所です・・二人並んで、お手入れができます。

マリアはお化粧直し、マーロンは髭をそります・・

二人の会話がオシャレです







「私はずっと、ひとけのないアパートで一人の女性に出会いたいと思っていました。

誰の所有なのかわからないアパートで、その女性が誰であるかも知らずにセックスをする。

そして何も知らないままに、この出会いを果てしなく繰り返したいと思っていたのです。

『ラストタンゴ・インパリ』は、このきわめて個人的な(そして、おそらく、陳腐な)妄想の発展です。」


____ベルナルド・ベルトリッチ頌  (芳賀書店 ) より_____








「ラストタンゴ・イン・パリ」について、絶望的な孤独とか、愛の不確かさとか、映像美とか

ベルトリッチ特有の映画スタイルの事とか、イロイロ論じられるんですが

ぶっちゃけ、「この部分」が多くの人の関心を惹くんではないでしょうか?






まず、二人はパッシーのアパルトマンで出会います。

伏線として、高架台の下の歩道をあるくマーロンをマリアが追い抜いていく冒頭のシーンがあります。
妻に自殺され、放心状態で歩くマーロンを、早足でマリアは追い抜いて行きます。その時、なぜかマリアは

「何、このオジサン。」
てな感じで振り返ってまで見ていきます。

なにこのおじさん、マリア


このシーン、何秒かあるんですけどこんなガン見は紳士に失礼だと思うんですが。
マーロンは、まるでマリアは眼中にありません。
このあと、カフェのような所でトイレの前ですれ違ったりもします。
この時のマーロンも、うつむいたままでまるでマリアに関心がありません。
マリアは、さっきの男だと気づいていて、またじっと見ています。

そして、マリアが部屋の下見に入ると、既にマーロンがいて、真っ暗な部屋の中でラジエーターの上にうずくまるように座るマーロンがいます。
マリアは、ちよっと驚くけれど、平然としていて、普通に話しかけたりしています。

マーロンは、暗闇に潜む不審者にしか見えないし、ワタシならソッコー部屋を出ますね!。
フツーなら、危険予測ができないといけない怪しい状況・・。(笑)

マリアは、窓を開けてあちこち散策したり(すごく広い部屋なんですよ)マーロンに質問したり。

マーロンは、マリアにはまるで無関心で、あまり反応もせず部屋の中を散策し出す・・。
「変な人・・。」
マリアの心はつぶやているかのよう・・。(あなたも変よ。)まるで、マーロンの関心を惹きたいみたいに動き回る。コムスメの心理として、自分に関心を持たない男は許せないものです。(笑)


そして、部屋にかかってきた、ある間違い電話が、マーロンをやっと刺激します。

すると空気がなんだか変わってきます。来た来た~!!って感じでマーロンが、全身からスゴイオーラを出しながら接近してきます。

これから・・

こぇぇ~~マリア、ビビってますね~。でも、目がそらせない感じ・・。


このあと無言で壁際まで運ばれて(笑)セックスに入るんですが、二人の息遣いの音しかしない、迫力のあるシーンです。
そうそう、唯一あるのは、マーロンがストッキングを破る音だけ・・・。こぇ~~~~~~!!

二人とも着衣のままで立ったままです。前にも後にも会話はいっさいなし・・。

以前、ある女性ブロガーさんが書いてたんですが、「ベルトリッチの映画のセックスは前戯がない。」と・・。ワタシもそう思う。
ただ、ここでは必要ないのかもしれない。

ここで、初めて二人の関係が始ります。

マリアは、いっさい抵抗もしないし、「NO!]さえも言いません。まるで、待っていたかのようです。

二人は、何度も荒らしく唇を貪り(これが前戯の代わり?)ます。

「愛しあう」という言葉は似合わない、ただの「性交」です。

ここは、この映画にとって、とても大事な導入部なのです。






それしても、マーロン・ブランドの背中がたまりませんことよ・・。(´∀`*)ウフフ




スポンサーサイト

ポールはマーロン、ジャンヌはマリア

ポールのお姫様だっこ

まあ、おじさまったら、スゴイ肩コリよン( ^ω^)・・・

マリア、肩つまんでるし・・・











伝家の宝刀、「お姫様だっこ」・・・・

マーロン・ブランドは、まさに軽々とそれをしてみせる・・・




「ラストタンゴ・イン・パリ」は良い映画です



すごく味わい深い作品です・・・

あまりに深くて、なかなか取り付けない・・・(笑)

ベルトリッチは、もともと好きな作風の監督であって、

こういうトコ好き~みたいなシーンが多発して

どこから手をつけていいかわからないんですよ。



ワタシも初見より大人になってるし、

当時はマリア・シュナイダーのビジュアル目当てですが

今は、マーロン・ブランドの肉体目当て(おお、赤裸々)・・でもありますが

いえ、本来の作品としての内容に迫りたいところです。コホン!

それと、マーロン・ブランドも掘り下げたい。


今日は、お茶に濁すけれど(笑)・・・




映画だけみると、マーロンやマリアが精神的に痛め付けられたように見えない



でも、マーロンは、

「俳優という仕事は好きではないが、今回は特にひどかった。

毎日絶え間なく暴行されているようだった。」

と、撮影後ベルトリッチに語ったそうだ。


マリアは、スキャンダラスな部分ばかり取り上げられ

その後のキャリアに影を落としてしまったし・・・


マリアはベルトリッチのことを「ヤクザかポン引き」とか、

「おじさん達の芸術という言葉に乗せられて脱ぐのは間違い」

とか、いろいろ発言が残っている。



ベルトリッチは、マーロンがこの映画を見てくれたかわからない、とまで言っている・・・




一方、マリアは試写会(それもパリ)でマーロンのシリケツのシーンでクスクス笑っていた、

というブログ記事を読んだ事あります・・・









ベルトリッチは、二人にポールとジャンヌではなく、


マーロンとマリアである事を求めた(監督本人の弁)


マーロンは、赤裸々に自分の人生を暴かれたのだ




幸いというか(笑)、

この作品の前にあのかの有名な「ゴッドファーザー」を撮っていた

よかった・・・



後だったらどうなっていたか・・



マーロン・ブランドは、「ラストタンゴ・イン・パリ」以降は

ちょい役で多額のギャラ、みたいな映画ばかり・・・

(スーパーマンのパパとか?)



映画撮られるのいやになったのかしら・・・・




でも、二人には悪いけれどこの映画は素敵な映画です


ちなみに、マーロンは、この映画は自分でやりたいとオファー(


マリアは100人のオーディションの中から抜擢とか、父親とマーロンが知り合いだったとか・・




プレイヤーとマリア

ハードなアナルセックスの後、マーロンにプレゼントを無邪気にご披露する、マリア

(この時の二人のファッシヨンがすごく素敵)


二人はいつもケロッとしている。


辛い映画とは思えないほど、可愛い笑顔をたくさん見せてくれるマリア・・・

ポータブルプレイヤーでロックのレコードをかける

時代だねぇ・・・ちょっとサイケな音楽でした


歳は、マーロンが48歳、マリアが20歳。

(これは、二人のセリフから)


ワタシ的には、マーロンは55歳くらいに見える。


今の子だっら、オジサンセフレに何聴かすかな・・?




この髪型、好きで好きで、自分でもした


初恋のロック少年が、こんなアタマしててね・・・・

(生き方もロックすぎて早死してしまったけれど)









ああ、楽にこんな風に散文調で書けばよいのか。




そうそう、remのlowで編集された、前にアップしたyoutube映像


素晴らしく映像とマッチしてるので、映画のサントラだと思っている方がいるみたいでゴメン


この映画を愛している、米国の若い女性の投稿作品


他にない素晴らしさ!!編集内容は映画と進行が違うけど。

詞の内容はシュールすぎて翻訳難しいです

低い、低い・・・が連呼される曲。

こちらが本家、貼っておくね。


 資料

ベルナルド・ベルトリッチ頌  芳賀書店







皆さま、ごぶさたしております。



最近一番気になる映画、「ラストタンゴ・イン・パリ」
昨日はなんだか、暖かでしたが今日はまた寒いようです。
日差しはあるものの、風が強いようです。
数日前の寒さは、まるで日本列島に「氷の女王」が鎮座していたかのようでした。
雪女も、雪の女王も太刀打ちできない、スゴイのがっっっ。

(マツコなんとかみたいな女王だな)




2年前、PCが壊れ中断していたブログも 本日からめでたく再開の運びとなりました。

去年の秋、旧友ミス・ダイヤからノートパソコンを頂きましたがネット環境が整わないまま年を越してしまいまいた。

明けて1月、新規でソフトバンクのスマートフォンを購入の際、部屋にいただいたまま眠るPCがあることを話すと、係りの方にULTORA WiFiを進められ 、めでたく2年ぶりのインターネット再開となりました。

これも、ひとえにミス・ダイヤとソフトバンクスタッフのおかげです

本当にありがとうございます。

ラストタンゴ・イン・パリ

1972年 ベルナルド・ベルトリッチ脚本・監督

マーロン・ブランド、マリア・シュナイダー・・・・・


妻に自殺された人生に疲れきった中年男ポール(マーロン)が、家から出てアパートを探す。

そして空き室で偶然出会った若い女ジャンヌ(マリア)と、アパートの中でセックスをする。女には、婚約者がいる。

愛というか、肉欲の時はつかの間続く。

アパートの中だけの関係のはずだったが、追いすがって来た男を女は銃で撃ち殺してしまう。


簡単に書けば、この4行。


粘着質のワタシが、これですむ訳ないのです。(笑)


ワタシは、マリア・シュナイダーねらいで確か19歳くらいで映画館で見ているはずなんですが、内容を覚えていない。
たぶん、冒頭のポールとジャンヌのセックスシーンにびっくりして出ちゃったんじゃないか、と。(笑)

当時のワタシは、マリア・シュナイダーのヴィジュアルが大好きで大好きで、当時漫画を描いていたから、似たようなキャラも作っていた。


30年たった去年の夏、ワタシはマーロン・ブランドねらいでこの映画にまた近付くことになる。


マリア・シュナイダーは、この映画で世界的に有名になったけれど、あまりにスキャンダラスな部分ばかりクローズアップされ、その後の彼女のキャリアというより、人生そのものに暗い影を落としてしまったよう。
一方マーロンの方は、この映画の前に「ゴッドファーザー」でアカデミー賞主演男優賞を受賞(でも、拒否)。
そして、この映画でも主演男優賞候補にのぼったそう。


マリアは、去年亡くなった。まだ50代の若さで。

ベルトリッチ監督が、死ぬ前にわびておくべきだったと伝えた記事も読んだ。マリアが生前、ベルトリッチ監督を「ヤクザかポン引き」と罵倒していたという記事も。

マリアがこの映画で受けた傷は深いようだ。
たぶん、当時のマリアは、映画館を逃げ出したワタシと同い年ぐらいだと思う。
その後のマリアは、麻薬とかバイセクュアルであるとかそんな話題ばかりだ。

こういう事項に対しては、ワタシは長くなるので、また後日。


そして、マーロン・ブランドが亡くなっていた事は最近知った。

マーロンでも死ぬんだな・・・・と不思議な感じ。

かなり晩年まで、ステーキをたいらげたそうです。

肉食男の典型みたいな男だけど、単純な男じゃないんです。



まず「ラストタンゴ・イン・パリ」をしっかり見てからです。

む・・む、修正完全版をお、お願いしま~す。







→続きを読む

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。