スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好き、これ。特に、オリラジの方ね。(笑)

スポンサーサイト

男達にとっての極上の供え物・・・壇蜜

akaidannmitu.jpg

「赤い壇蜜」と名前をつけて、この画像をファイルしています・・





こちらのお嬢様は、巷では「日本で一番美しい31歳」と呼ばれ、杉本綾がエロスの後継者として認めた

「壇蜜」様でございます。

29歳の遅咲きのグラビアアイドルデビューでございますが、人気は周知のとおり・・・

かの福山雅治、リリー・フランキーも絶大な支持を寄せているとか・・・。

最近では映画「私の奴隷になりなさい」に出演。彼女に調教を施す「先生」こと板尾創路には、まだ擬似恋愛にも似た感情を持ち続けているとか・・・。


「壇蜜」(以下敬称略)の魅力は、まずその美しい肉体と、独特のムードを醸し出す表情と美貌・・・それと彼女の感性によるところにあると思います。

彼女は、被写体としてあらゆるカメラマンのミューズとなっているようです。
ネット上にあふれる彼女の写真は、被虐的な演出をされているものも多いのですがどれも美しいです。

私が好きな演出は、冒頭に貼ったようななんでもない普段着になんでもない、日本家屋で表現される痴態です。

彼女は薄暗い和室に敷かれた布団、あるいは縁側など・・・彼女ほど和風な背景が似合うモデルはいないと思います。

あと乱れた和服など・・。ボンテージよりは、縄による緊縛の似合う方だと思います。



「壇蜜」の壇は、仏壇の壇、蜜はお供え物の意味があるそうです。
確かに彼女は捨て身で自分を捧げているように見えますね。




P.S.  彼女のブログ、面白いですよ。


     

今夜のマツコ・デラックス

matuko.jpg
焼き鳥を食す、マツコ・デラックス・・・

箸を持ってるから、何か違うものかな?

TV番組「マツコの知らない世界」という番組です






皆さま、ご存知「マツコ・デラックス」です。

この画像では、わかりづらいかもしれませんが、とても美しいメイクをしていました。

グルメ番組ですから、アップがほとんどで、ずっとマツコのメイクに見入ってました。

ベースは完璧につくられ、髪は優雅なアップスタイルです。

襟足とモミアゲの部分は、キチンと処理されていてグルメ番組にふさわしい清潔なヘアスタイルです。


彼女は、1トンを超える巨漢ですから、顔は大きいです。

ただ、顔の中心の部分は、皆同じ比率にあります。

ワタシは、彼女の目鼻のバランスが好きなのだと思います。

カメラを引くと、なんかぼんやりした表情に見えるかもしれませんが、アップの顔が本当に美しかったです。


アイシャドーは、わずかに陰影を感じる程度、眉は美しくアーチを描き、アイラインはある程度の太さで目の上側のみ引かれ、少し釣り上げた猫目ラインです。目の下側はほとんど色を感じさせません。

そして、つけまつげは、目尻に向かって長くなる、優美なメーテルタイプ・・。完璧なアイメイクには、控えめなリップメイク・・。

ピンクよりのローズが艶やかに彩られれていました。なんて上品なんでしょう。

彼女は、肌が美しいのでカメラがアップを狙っても大丈夫です。

様々な冷凍食品、焼き鳥、ラーメンと食事は続きましたが、食べ方がとても綺麗でした。


「マツコって、品がいいよね。絶対、下ネタとか言わないし。。。」

ワタシが、褒めてる時の事・・・。

某焼き鳥店のお二方登場・・。

なんか、マツコが黙り込み、なんだか口元が緩んでいます。

こ、これは!皆様も覚えがありますでしょう。好みの異性を見たときに思わずニヤケてしまう事が!マツコの場合、同性ではありますが。

「なんだか、嬉しそうですね。」

と突っ込まれるマツコ。かすかに頷くと、個人的な質問を二人に浴びせ始めます。

そして、二人のうちの背の高い痩せた方の男性に(写真後ろ左)

「アタシにやさしくしてくれたら、その銀歯白くするくらいのお金をあげるよ・・。」

と言ったんです。

・・・・・・・・・・・・・!!!

カッコイイ!!

女装家のゲイの中で、この方一番好きかも・・。

なんで好きかの分析は、また後ほど。

早く寝ないと、成長ホルモンが出ないしね・・。

秋は、お肌とボデイのメンテナンスに最適な季節ですよ。


それにしても、マツコメイク、やろうかな・・。
髪はずっとアップにしているしね。


今夜は、高倉健さんと・・・

健さん

「昭和残侠伝」より・・・(この絵面は凄い、凄すぎる・・・・)

中央は、ご存知日本が世界に誇る俳優

「高倉健」様でございます。

かなりお若い時ですのに、ものスゴイ風格ですね。


もしや、左は梅宮辰夫?右は松方弘樹・・?

カワイイもんですな・・・・





高倉健さんも、もう81歳なんですね。

久々の出演作、「あなたへ」が上映中という事もあり、最近メディアに露出も多いです。

ワタシにとっては、あまり感心がない、一般常識レベルしか知識がない俳優さんです。
映画も「ブラックレイン」の刑事役で見たのが最後ですが、その時は松田優作の追悼の意で行っていたので、歌を歌うシーンしか覚えていません。

たくさんの日本映画に出演されていて、いろんな賞も受賞されています。

健さん(以下こう表記します)は、男性達にとってのあこがれのスターであって、女性が熱狂するタイプではないとは思います。尊敬はできるけれど・・。

ちょいと♀の力なんかに翻弄されない、御しにくさみたいな部分がちょっと苦手かも・・・。

松田優作は生きていれば、そんなポストを担う俳優だったかなと。(担う気はない、と言われるか)


ゴルゴ13のモデルだそうですね。
さいとう・たかおのたっての希望で実写も演じたそうです。

「女を抱けば、もっとと言わせる・・デューク東郷」というキャッチフレーズに、子供ながらギョッとした貸本屋時代。悶える、金髪美女のお尻がボールペンで塗りつぶしてあったな・・・。(笑)

借りたことないけどさ。立ち読みでっ。(笑)


女は、ルパンⅢ世みたいなのが好きなんだと思う。

とくに、「カリオストロの城」のルパンなんかは一番ヤラレル感じ。

で、奴にとんでもないものを盗まれてしまうんですよ・・。
クラリスが、銭形に最後に言うセリフは、よくマネをしたもんです。


話をもどして、健さん。
じゃあ、なんで話題にしてんだ、Vic.さんよ、って事になりますが・・。

高倉健さんの人間性ですよ。

以前から、エピソードはいろんなタレントや映画人から聞いて、すげぇ~と感心していたものですが。

今夜、NHK TV「プロフェッショナル 仕事の流儀」で健さん出るんです。

で、予告を見たり、新聞の記事読んで

「ワタシ、これ見る!!」

と高らかに宣言しました。

「役者の内面は、必ず映像に現れる。」のくだりは、要チェックです。


ワタシも常々、どんなに取り繕って演技しても内面は表面に出てしまうと思っていて、

だから、お腹と心はキレイにしておかないとダメだと思っています。
で、あえて自虐ネタとして

「ワタシは、顔は白いけど腹は黒いよ。」とかは使うけど。(笑)



それと、「そろそろ言っておかなければならない事がある。」と何かを語るみたいよ。


日活時代の人なのに、あのストイックさは凄い。
Wikiみると、映画スターの栄華は感じるけど、梅宮某達みたいな、女遊びが芸の肥やしみたいなのは皆無。

恐れ多くて、♀風情が近寄れない感じ。男達の囲みがすごくって・・。

江利チエミと離婚後もずっと独身で浮いた話ひとつありません。



健さん、水瓶座だし語ると思うよ。



ワタシ、誕生日一緒だから、何か感じるかも知れないです。

遅まきながら、高倉健さんを学ぼうと思います。
あなたへ
「あなたへ」の高倉健氏






美しき極彩色の誘惑・・・



「QP」という漫画が原作の深夜枠のTVドラマの映像を

編集して作ったMVという事です。

これは、投稿者の才能というかセンスというか、とても美しい作品です。


曲は、Linkin Park の ” Hit the Floor  "

ハードなメタルサウンドがとてもお似合い・・・






この金髪の男は、「斎藤工」

同姓同名の別の役者ではないかと、随分検索してしまいました。


この動画は、子供時代からの絆も描かれていて

子供達のケンカというには凄まじすぎるシーンは、コスモスが咲き乱れていて

武器の牛乳瓶には原色のビニールテープが巻いてあります・・

出てくる子役の美少年ぶりもアレなんですが、

金髪の男がやおら起き上がると、全裸に刺青・・

そして何やら物思いにふける様がなんとも妖艶・・・・






だいたい、この手のドラマの登場人物は、非常に過酷な子供時代を送っており

(きちんと大人に愛されない、守ってもらえない環境)

抜け出したくても抜けられない組織に関わってしまったり、

友情のために、とんでもない犠牲を払ったり、

肉親との関係が希薄な分、

自分が信じた相手にはとことん尽くすという・・・・


血まみれで泥まみれで傷だらけの肉体であっても

友達を助けにいくような

ヤンキー物がずっと制作され、愛読されるのは、

そんな純粋な魂に触れられるからでしょうね・・・


ただのバイオレンスと流血シーンだけじゃ人の心は動きませんよね


(これは「QP」の事でなくて、ワタシのヤンキー漫画のイメージです)











このドラマの監督は、「三池崇史」でした。

バイオレンスには定評があり、観客にエチケット袋を配布した、というエピソードもあります。

ただ、「愛と誠」はどうしちゃったんでしょう?

なんかヘンね??

ワタシは、子供の頃、西城秀樹と早乙女愛の「愛と誠」を観たもんね。

あれには、感動しましたね。子供だったから・・・(笑)



三上版は、原作のストーリーが単純すぎて時代すぎて、ハジケルしかなかったのかしらね。


そうそう、同じく斎藤工が「岩清水弘」を演ってました・・・(余談)







プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。