スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには静かに将来を再考してみる・・・・

ブログの為に 086

この茶釜は化けません・・・・239

以前いた料亭の待合所にて(3年前くらいかな)

 

この料亭は館はまだそのままで、木戸はずっと閉じている

ワタシは、その屋敷が懐かしい・・・

きっと独りではいったら胸が締め付けられるように感じるだろう

きっといろんな霊的な物達がワタシを引き止めるかもしれない

 

足袋御殿はまだ健在(しばらくご無沙汰しています)

 

人の住まなくなった屋敷は寂しいものです・・・

 

 

246

 

夜中に更新中です。

小雨が降ってるのかな・・・・雨に濡れた路面を走る車の音がときたま聞こえる。

暖かい夜・・。ほんとうに11月なのかと思うこの暖冬ぶり・・・。

深刻なデフレスパイラルに陥っている日本経済ですが・・・・・加えてこの暖冬。

ワタシが密かに心配しているのは・・・・実はコンビニのおでんが今年は売れてないのでは??という事です。

自分の頭のハエも追えない(アパレルもやばいんですけどさ・・)くせについ気になってしまいます。

ああ、肉まんアンまん系もやばし!ですかね。

 

アパレルでは・・・?

この間のセレヴの祭典(ハコをあげての大セール)ですが、意外なんですが価格の高いブランドがけっこう売れていたようです。ワタシがいるブランドは、どちらかというとデフレ系(笑)のブランドで、もともとあんまり高くない上にすぐ値下げするので、まあお客様は買いやすいとは思うんですよね。ただ、そかわり数を売る必要があるので回転率を上げねばならないので大変。まあ、郊外の大型ファミレスみたいなブランドに思います。

ブランド力より、お得感で売ってる感が強いです。で、どうだったかというと・・・。

この時期は、アウター、つまりダウンコートやウールコートなどを売って数字を作っていくのです。

じゃあ、うちのお得感の高いダウンが売れまくっているのか?というとそうではなく、けっしてセールはしない、メディアとコラボレーションしていて、有名タレントをイメージモデルしているようなブランド・・・・つまりブランド力の高い、値段も高いダウンが売れて数字を伸ばしていたようです。

 

まあ、ここが百貨店というハコである、ということもあるのでしょうね。

 

去年、そのブランドは去年、深刻な状態にありましたがブランド力と、スタッフの能力で甦ったように見えます。

けっして妥協せずブランドイメージを下げることなく、さらに高いレベルのものを打ち出していく・・・

そして消費者も付いてきた、ということでしょうね。

 

そしてお買い得感を打ち出した我がブランドは、やや苦戦気味。

安いわね、意外と・・・という言葉も多くささやかれるショップ内ですがじゃあ、どんどん売れているかというとまた別ですよね。

 

ワタシは今回のセールで自分の販売センスの扉がひとつ開いたような気がします。

とにかく数字を載せなくてはいけないので、ジャケットやコートを売りたいと思いました。

比較的高い商品になりますのでおすすめと接客にエネルギー使いますが達成感はあります。

これは自分の販売センスの見せ所というか、よくPなどでも言う「自分を売る」というような売り方です。

相変わらず、店長、先輩スタッフ達にこまかな注意を受けてばかりですが(笑)、向上した販売センスは、ワタシだけのもの・・・・。

今は砂かぶりのシンデレラですが(笑)、いつかもっとオトナのブランドで働ける事を夢見てしまいそうに・・・。

販売は、なんでも一緒のような気がします。

あとは商品知識と経験。そして誠意。

 

そうそう、店長が以前言ってました。

「**さんは、年配だからお客さんは、**さんはなんでも知ってると思って**さんの方に行くじゃないですか・・・。」

だからなんだったのか覚えてませんけど、変なこと言ってるなぁと思いました。

それはしょうがないんですよ、かもし出すオーラは47年ものですもの・・・。あとは、28歳、24歳、22歳と続くのですが。

皆さんもオバさんに負けずにオーラ出してくださいな。

仕事もろくに出来ないのに、雰囲気だけは店長以上ってのはイラッとする要因でしょうね・・。(笑)解る気がする・・・・(笑)

 

こことの契約なんですが、この間の契約更新のとき、営業女史が口頭で言っていたことはうやむやになっています。

来月12月10日までの契約で、それより早い事もある・・・。若い社員が採用された時点で移動もある・・。

なんか良くわからない内容なんですが、どうせアパレルはあてにならない業界だし驚かなかったのですが多少、士気に影響したものです。(笑)

それが、この間店長が

「営業が『これからも末永く・・・』と言ってましたよ。」

なんだかよくわからんが、ああそうですか、(笑)という感じです。この仕事がない時代に、なぜ若い子がこないのんだろう??アパレルはそんなに悪名高くないだろうに。

とにかく学べるものは学んで、来年の8月ぐらいには違う所に行きたいです。

できれば、ハコの3階のプレタのお店に。

静かで高級で、今いるフロアみたいに雑多な印象はないです。ハコ社員が全力疾走したりとか・・(笑)

就活もかねて三階の先輩達(マネキン事務所の)ところにちょいちょい顔出してみようっと。

 

 

・・・・・・なんで8月って?母の扶養が切れるからです。(うふふ)

それまでガマン、ガマン。185

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

猫男でスターマン

issei6.jpg

壱成、探偵学校入学・・・・

実技訓練で、ターゲットを尾行中

(もう古いニュースですが・・229

まあ、まあ学校PRの仕事として・・だと思いますが

がんばれ???80

 

265

 

セレヴの祭典(229)も無事終わり、やっとお休み・・・。

昨夜は猫達と早く寝たものの、夜中に目覚めて寝付かれない。

なんだか頭痛がするし、のども渇いて水を飲んだ。

まだ興奮状態なのだろうか?

寝入りは、お酒の力を借りたものの・・・・。目覚めてしまった。猫はベッドに3匹いて、毛並みを撫でて気持ちを落ち着かせようともしてみた。一番近くにいた大猫はブッチかクロッケか・・・。

カプチは、一番毛並みが軟らかい・・・ブッチはわりと硬いかな・・などと考えるうちにまた寝てしまった。

きっと頭のなかを整理する為だと思うけど、いつものように不思議な夢を見ていた。

置いて来た荷物が見つからない、行きたいところに行けない、時間が間に合わない・・・・

そんな不安要素満載の夢なのに、起きたらほっこリした気分になっていたのは、久々に壱成が出てきたからだ・・・(笑)

壱成のために何か宣伝キャンペーンをしようとしている夢だった。

壱成とワタシは行かねばならない所があるのに、なかなか行けない。

夢の中で壱成はまるでウチの猫達のようにワタシによりそっていた。(猫4匹分の壱成・・・ってワタシしか解らないですよね、スミマセン・・)

B'zの稲葉氏にここ数日ずっとパワーをもらっていた。ありがとう。(一日、降臨した日が確かにあった!!)

でももう、アドレナリンはいらない、心を落ち着けたいのでしょう・・・。

そして、猫男、壱成が夢に現れた。(笑)

 

最近の壱成はどんなかしらん?

DJのCDデビューをしたらしい・・というのは知っている。

画像を検索すると、舞台「ミッドナイトベイビー」での山ちゃんとのパンツ一枚の絡みがやたら出てくる。

山ちゃんのオシリもパールのように絶品だけれど、壱成はあんなに痩せててもなぜか、艶かしい・・。

探偵学校のスナップもなぜか色気があるんだよねぇ・・・・。

 

四十路の稲葉氏の男っぽ?い色気とはまた違う何か・・・。鍛えられた男性美とは違う、壱成のあの天然なセクシーさ・・・。

まあ、壱成は「スターマン」だからね。

「これ、あなたの事よ。」

壱成のママは言った。

それでは、デビット・ボウイで「スターマン」どうぞ・・・・(笑)

(ライヴで歌ったこともあるらしい・・・)

 

 




P.S.  壱成は、ただいま中国にいるらしいです。孔子のドラマを撮影中とか・・・。(ブログより)

日本人は、彼一人だけということで、マネージャーもなしとの事。

かわいがられ体質の彼の事ですから、中国でもちゃんと頑張ってるご様子でした。

話題になればいいですねぇ。そして、ハリウッドへ、そいて日本に逆輸入みたいに・・・。

グローバルな視野で見てあげたい俳優さんだと思うんですよね。

風を受けて立ち上がろうとする君は美しい・・・

 

”BUZZ" THE MOVIE B'zLIVE?GYM PLEASURE'95より・・・

これはビデオを持っているんです!

このビデオには、当事、随分精神的に救われています・・・・

うつ気味の方にはいいと思うんですが

(ケース・バイ・ケースでしょうか?)

 

246

今年はこれのDVDを買い直します!!絶対!!!

(ビデオの再生のすべがもうないので・・・229

 

 

246

 

ああ、稲葉氏になって松本氏にからみたい・・・

あるいは、松本氏になってギターを弾きながら走りたい

はたまた、シェーンになって後ろからメンバーを支えたい・・・

 

そう、一緒にステージの上にいたい・・・観客でなく

 

246

 

明後日からのセレブの祭典、ハコの大セール!!

今回数字を落とすわけにはいかないのです・・(ここのとkろキビシくて・・・もう トホホ・・182

商品はそろったし、セールもてんこ盛りに備えた・・・

あとは売って売るまくるだけ。

 

きっとやれる。

そんな気がする。

B'zを聴いていると・・・(笑)

 

185 夢じゃないあれもこれも・・その手でドアをあけましょう・・・ 185

 

超魂(ウルトラソウル)で頑張ります!!

 

(稲葉さんがワタシに降臨しますように・・・80

 

もしも、大変な状況にいる人が他にもいたら頑張って・・・

ワタシも頑張ってるよっ?236

 

 

今夜もB'zよっ。

ああ、すっごくエネルギー充電されるカンジ・・・・

80 明日もがんばりま?す 80

 

たまには熱いオトコに惹かれるときもあるわ・・・・

あまりに膨大なヒット曲がある「 B'z」・・・

その中でも2番めに売れた曲だそうです(1番かと思ってた・・)

「LOVE PHANTOM」

愛の幻想、とでも言う意味でしょうか?

とうりすがりのワタシを強引に引き込んだこの楽曲

そしてライブパフォーマンス・・

(今から14年前、当事33歳でした)

ワタシのB'zのベストはこれです

 

246246

 

___いらない、何も捨ててしまおう

いきなり、吐き捨てるように歌う出だしに、「気持ちのさめた女から逃げたい男の話」かと思っていたのですが、あまりにワタシは安直でした・・・(笑)

ドラマティックな曲に載せた男の叫びはなかなか興味深いものでした。

こういうハードロック系に歌詞など期待するものではないと思っていたものですが。

男のエゴイズムを自嘲的に歌っていて、女心に訴えるものがあります。

まして、稲葉浩志はあのルックス。いい男に、あんな風に歌われたらどうすりゃいいんですかっっ!!

 

欲しい気持ちが成長しすぎて 愛することを忘れて

万能の君の幻を僕の中に作ってた・・・

 

ここのフレーズが一番好きです。

わかるわ・・。気持ちが盛り上がっていくときってセーブできなくなってしまう事ってありますよ。なんでなんだろね・・。

 

濡れる体  溶けてしまうほど昼も夜も離れずに

過ごした時はホントなの

君は今何思う

 

きゃ?、稲葉さん、ホントなの?それ?

とやっかみたくなる、執着の強さ。熱い方なのね・・。(あら興奮してしまったわ・・)

 

ワタシが持ってる「”BUZZ ”B'z LIVE -GYM PLEASURE'95 」のビデオですと、この曲の時、衣装替えしてダイブします。(鏡とか、黒いマントとか・・・。ちょいとヴァンパイアみたいなイメージに。)

それもかなり高いトコロからっっ!!

飛び方も美しいっっ。会場に女の子達の悲鳴のような叫びが・・。アレじゃ空も落ちてきそうな勢いだわっ。

それとイントロにオーケストラが入ります。とてもショーアップされています。

今日貼ってるのは、わりと落ち着いた大人バージョンです。ドラムのシェーンが途中から立ったからコレにしました。

それにしても、稲葉氏の体はいつ見ても鍛えられて美しいわ・・。

松本氏のギターテクニックに関しては、今さらワタシなんぞが講釈たれずも昔からカリスマだし(あの人、サムライみたいなギタリストだよね・・・)

円熟した二人には、派手な演出などもういらない。走り回らなくてももういいと思う。

長?く続けて欲しいですね。

イチ、ライトファンですがそう思います。

 

 

だからその手を離して

B'zは、好きだったことがある・・・(ある・・って過去形?)

 

本来、ヨバレルわけのない世界にワタシを呼び込んだ彼ら

当事もっとも勢いがあり ミリオンヒットを出した頃の彼らであって

(LOVE PHANTOMの頃ですね)

やはりモノスゴイ求心力があったのだ・・・

 

(ええと、今回はデビュー曲のタイトルだけ使わせてもらいますぅ・・・)

 

246

 

だからその手を離して(笑)

 

鳩山外交の際には、必ず幸夫人の姿があります。まあ、ファーストレディだからね。

でも、いつも何か気になる、タラップを降りる時にしっかりと繋がれた手と手。

まあ、総理就任の頃から二人のラブブぶりは有名でした。新聞の一面に、自宅の近所を夫妻で手をつないで散歩する姿がでかでか載っていたりしました。(それもきちんと写真家が撮ったもの)実の息子は苦笑していた。

ああ、これをキャラ立てに使う気なんだなぁ・・とは思いましたが。

それにしても、夫人同伴は外交だけではなく、仕事がらみの会食等も必ず同伴するそうです。

「妻も一緒なんだけど、いいかな?。」

打診されるそうです。

「ええっ、鳩ちゃん、それじゃオネーさんのいる店いけないじゃん!!。」

と総理の肩をはたける人はいないんでしょうか??(ああ、そういった方向はないのかな?企業接待とかとは違うのん??笑)

 

国会が開かれて、長???い所信表明と(小沢氏寝てたらしいって、ホント?)よくしつけられた若いポチ議員達のスタンディングオペレーション・・・。

その後の予算委員会では、新鮮な光景が見れました。

野党が与党になったんだね・・・。地味な絵図ら・・。

自民党のそうそうたる議員達の質門は、もと与党の風格にあふれた堂々としたものでした。(タニマチ目線)

元町村官房長官なんか、こんなにイキイキしてるのを見たのは初めてです。まあ、官房長官は、いっつも後始末ばっかりで自分の意見を朗々と語れませんもんね。

ヤジも少なく、やはり自民党って品があるわ・・・。ふふん。いいのよ、ソリッドになった新生自民。少数精鋭なんだから。総選挙ありがとうってなもんよっっ!!

マスコミは「ヤジに迫力にかける」とか書いてるところもあったけど、吼えれば吠えたで「負け犬の遠吠え」ぐらいは書きそうだわ・・。

野党の時の鳩さんは、そりゃあ勢いがありましたが、総理になったら随分おとなしくなりましたね。

マスコミは、それを紳氏的とか低姿勢とか表現し、それは常に国民を意識してしゃべっているからだと寛大な書き方をする。

表情も乏しいし、しゃべりも平坦・・。政権交代を一心に思い、攻撃してる時のほうがイキイキしてたのではと思いました。

オドオド、キョトキョトとした感じがずっとしてました。そばに夫人がいないから?(笑)

 

私が鳩山氏を見てると不安になるのは、目が始終泳いでいる事です。

動揺しているのが伝わります。

言葉も言い損じないようにひとつひとつ吟味し、確認しながら話しているようで無機質に感じるんです。

鳩山といえば「友愛」。もう、友愛、友愛、友愛・・・・・・。

かつて、福田元総理がねじれ国会でこう言った事がありました。

「そう突き上げてばかりいないで、お互いもっと助けあいましょうよ。」

そんな事聞くような民主じゃありませんよ。当時の民主なんて野犬の群れみたいだったし。

とにかく、何があっても自民をつぶせとばかりの勢いでした。

自民が歴史的な敗退をし、お望み通り民主政権になりましたよ、鳩さん。

当初、計り知れないプレッシャーからか、間違ったらお許しをみたいな発言して、ややヒンシュクでしたがワタシは少し笑いました。そして、助け合ってきましょう、とか言ってるしね。

鳩山の勢いは小渕総理の頃からワタシは覚えている。

野党の頃は友愛精神など見えなかったが、鳩さん。

 

彼は不安でたまらない。国政だって、外交だって。

歴代総理かつてないプレッシャーをかけられているのは解る。

もともと、鳩山由紀夫氏は、学者肌で演説も弟と違って下手だったそうで・・・。

ようするに、外に向けたパフォーマンスが苦手という事ですよ。その打開策が、幸夫人です。彼女はアーティストですもの。

幸夫人と不思議なオペラをしてみたり、ファッションショーに出てみたり、苦手克服に一生懸命なんだと思います。それはよく茶化されてますけれど。

だから幸夫人をいつも同伴する。仕事でもなんでも。

「妻はワタシの太陽だ。」

それは美談なのか、それとも。依存なのか。

もっともあきれたのは、飛行機の中での指相撲。

ばかじゃないの(笑)?   (政治家に初めてこんな暴言は吐きますけど)

よく撮るよ・・・と思ったけど、マスコミって今は善意で流しているけど、鳩山政権に何かあれば、悪意に使うのがマスコミ。しっかり保管しておくように。(笑)

それにしても、今のところメディアは民主に低姿勢だなぁ・・。民意が変わると変わるのかなぁ。

突っ込みドコロありありだけどなぁ。

ああ、まとめ。(笑)

あの「手つなぎ」は、一種のエネネルギー充電なんでしょうね。

あっ、太陽エネルギーってか・・。

つくずく、エコな方々ですこと。

 

P.S.  幸夫人のほうが政治家向きじゃないですかね。ヒラリーといい勝負しそうだなぁ。

 

 

 

「分福茶釜」をもう一度

ブログの為に 483

一昨年、群馬県館林市にて撮影・・・

当事、食品マネキンの仕事でよく訪れていました

ご存知「分福茶釜」の発祥地でもあります

 

270

 

昨夜、ほどよく酩酊したワタシは、寝る前のYoutube鑑賞になぜか、「分福茶釜」を選んでいました。

ここのところ、チャイニーズ・ラクーン(中国タヌキ)のことばかり考えているからでしょうけど。

で、どんなお話だったかなぁ、泣ける話だったか、八ッピーエンドだったか・・。

よく覚えていないし。

鉄の茶釜から、手足、頭を出したタヌキが傘もって綱渡り・・・・とうのがわりとポピュラーなイメージでしょ。

あと、ワタシ的には、タヌキが手ぬぐいをあねさまかぶりをして、ほうきで部屋掃除をしている・・というのもアニメで記憶があったんですよね・・。

で、日本昔ばなしが2種類アップされていたので、酩酊しつつも鑑賞。

初めに見た方は、絵もきちんとしていて、ドラマっぽくて涙腺をやられる・・・ううううううううう241

もうひとつのほうは、絵のデフォルメもギャグティストで、笑えるお話になってました・・・。

どっちが本当??

 

 

270

 

さあ、Wikipediaの出番です!!(笑)

「分福茶釜」

1394?1428年の住職だった守鶴が愛用した茶釜。

ご本家、茂林寺では、タヌキが守鶴という住職に化けて寺を守り、くんでもくんでも尽きない茶を沸かした・・・

    

 名前の由来

 

     243 福を分ける力があった釜

     243 火にかけるといきなり「ぶんぶく」と沸騰する

 

でも定かではない・・・。

 

・・・・・・・・・・・・別に、伝説だからいいんだよ。239

 

 

270

 

で、巷で広まっているお話としては・・。

 

その1  

 

骨董品好きの住職が、茶釜を買ってくる。

臭いから小坊主に洗わせると「イタイ、イタイ」という。

火にかけると「アツイ、アツイ」という。恐ろしくなった住職らは通りすがりのくずやの男に持って行ってもらう。

くずやの男は大喜びで持って帰る。

やっと自分にも運が向いてきたと、お頭付きの魚とご飯で夕餉を食べようとすると・・・

魚がない。

ああ、なんてことだ、やっと運が向いてきたと思ったらとんでもない・・。ふて寝しようと横になると

「ゴメンナサイ、お魚食べてゴメンナサイ」

見ると茶釜から頭と手足を出したタヌキが正座をして謝っている。

山で初めて化けくらべをして自分だけ戻れず、人間に見つかり道具屋を転々として3年とのこと。今さら、山にも帰れない。

タヌキの事情を聞いた男は、かわいそうに思い、ここにおいてくれと頼むタヌキをやんわりさえぎり、またご飯を出してやり「食べたら今夜はここで寝な」とやさしく声をかける。

タヌキは男の優しさに泣きながら、ご飯を食べる。(明かりを自分で消して、正座して食べる姿が胸を打つ・・・ううう)

朝起きるとタヌキは、まだいて男に提案する。

「見世物小屋を作ってください!私が芸をしますから!!」

見世物は多いに繁盛して男は人並みの生活ができるようになる。

2年が経ったころ、男はタヌキをもとの姿にもどしてあげようと、いろんな医者を訪ねたり、本を集めて調べたりする。

タヌキは今のままが幸福だ、今のままでいいという。男はもう充分してもらった、という。タヌキは淋しそうだ・・・。

ある日、とうとうタヌキも無理が重なったのか高熱を出して倒れる。

必死に看病する男と、病床のタヌキ。

「ぶんぶく、春になったら花見にいこうなぁ・・。」

男はタヌキのために甘酒をくみにそばを離れる。

「おじさん・・・。」

今が一番幸せだとタヌキは思い、涙し、そして死んでいく。

タヌキの死に号泣する男。

男は、はじめに茶釜をもらった寺に運び丁重に供養をしてもらった。

その茶釜は寺の宝となって今でも寺にある。

 

 

270

 

その2

 

山奥にある貧乏な人の来ない寺。

茶をわかして客にふるまえば、もっと人がくるかも・・・と住職は茶釜を買いに町へ。

お金のない住職は、安い茶釜を化け釜と承知で買う。

お茶は美味しいし、いくら飲んでも、湯がなくならないし

「いい釜じゃ・・。」住職はご満悦。

夜になって踊りだした釜に正体がばれるが、身の上話のあとに、住職にずっと寺にいていいよ、といわれ、タヌキは大喜び。

「お礼に芸をしますっ!」

タヌキの芸は大評判になり、それからは連日のようにお寺に来客があふれ、タヌキも住職も幸せにくらしましたとさ。

 

・・・・・・・・・・・・・泣きたくない人向きです。

 

 

その3

 

貧しい男が、ワナにかかったタヌキを見つけるが、不憫に思い逃がしてやる。

タヌキは夜、その男の家にお礼に現れて、

「自分が茶釜に化けるから、それを売ってお金に換えてくれ」

と、申し出る。次の日、和尚さんに売るが、釜は火の熱さに耐えられず、男のうちに逃げ帰る。(笑)

タヌキは、男に見世物小屋を提案。タヌキの綱渡りは大人気。

男は成功、タヌキも、もう、さみしくない。

 

 

その4

茂林寺というお寺の裏山にタヌキの親子が住んでいました。 

ある寒い寒い冬、お父さんタヌキは、お母さんタヌキに言いました。

「このままでは、子供に食べ物を食べさせることもできない。茶釜に化けるから、お前は人の姿に化けて私を売りに行っておくれ。しばらくはしのげるだろう」

茶釜は、寺の住職に売りました。

でも火にかけられて大騒ぎになり、住職は古道具屋に売ってしまいます。

古道具屋にタヌキはお願いします。

「よそへ売ったりしないでください。芸をして客を呼びますから。」

タヌキは優しい古道具屋さんに報いるため、店先で家族も呼んで見世物をしてお店を繁盛させます。

儲けの半分をタヌキは古道具屋さんからもらい、山に帰ろうとしましたが元にもどれなくなっていました。

きっと、住職をだましたからだと、謝りにいくのですが元にもどりません。

かわいそうに思った住職は、タヌキを寺に引き取り大事にしたそうです。

 

 

270

なるほどね。

シチュエーション的にはいろいろなんですが、見世物をして高利益、というのはすべて共通してましたね。

 

思い出しました。

子供の頃、館林の分福ヘルスセンターというところで、あるショーを見てました。

5歳頃の記憶ではないかと思います。

着物を着た女の人が舞台に脚を上げて寝ていて、脚芸をしていました。

ふすまとかいろんな物を足袋を履いた足先でちょいちょいと回したり飛ばしたりするんです。

着物とお腰がめくれて、脚が突き出している・・。

みんな座敷に座って、少し高くなっている舞台を見ていました。子供ながら、エロティックな印象がありました。

 

茂林寺は一度行きましたよ。

もう17年くらい前になりますけど。(友人が嫁いで行った土地でした)

近いし、また行ってみようかなぁ・・。東武伊勢崎線の旅。

美しい秋の風景・・・。

タヌキいそう・・・。

 

そうそう、茂林寺は、山奥にはないです。(笑)

普通の平地というか、町の中にあったと思うけど。

 

 泣いちゃうバージョン、載せときます。

(ていうかワタシがしばらく見たいから・・・・・)


 

バルドーだって黙っていられない

img674030ad8vpfdc.jpg

動物愛護の国、イギリスにおいてのTV番組収録(なるほどザ・ワールド)で・・・

神田うの氏、堂々のリアルファーコート着用

(彼女を批判するブロガーの記事から、2005年の画像です)

 

274

 

メディアは中立な立場だから、とくに彼女が毛皮を着ていても批判はしない。

今朝、「大好きな毛皮を着て・・・」とかの彼女の記事を見た。まあ、伊藤美咲の結婚がネタの記事だったのだけど・・・。

このご時勢に!と思い、検索をかけてみたら、出るわ出るわ。神田うの氏に対する、強烈な拒否反応や批判が!!

知りませんでしたが、彼女はリアルファーのブランドを立ち上げていて、なんと毛皮のファッションリーダーでもあるそうで・・・。

「うの」というとパンスト、網タイツ、ブラジャー、パンツ、それかウエディングドレスといったイメージがあって、毛皮もやってましたか。

すごい迷(名ではなく)言も言ったともそのHPにはありました。

「動物愛護は過去のもの、リアルファーが新しいファッション」

すごい!凄過ぎる!!大物ですね。よく公言できますねぇ。

これじゃバルドーも怒ります。

毛皮生産過程を知って、いろんな世界中での活動も知って、なおかつ発言しているのだとしたら、この冷徹さはどうのように培ったものなのか?

知らないでいる事はまあ不可能。動物愛護をまるっきりナンセンスだと思っているとしか思えない。

彼女あてのPETAの公開状も(ブリジッド・バルドーの署名付きですよ!!)無視できるんですよ!!

世界中にさらされても平気なんですよ!!

彼女はバカだから仕方ない・・という意見もありますが、ワタシは彼女をバカだと思った事はありません。

バカだったらあんなに次々ビジネス展開できるでしょうか?

よけいな情緒や感情を無視できる冷徹さ、合理的主義的な思考を持った人なのだと思います。

 

(でも・・・・本当に、彼女にそういう理知がイッサイなかったら、ゴメンなさい・・・・)

 

毛皮産業とコラボしている以上、業界を裏切る事はビジネスをなくすという事です。

まあ、そういう発言も業界がさせているのではないですか?

毛皮産業界のそしりを彼女がひとり最前線で受けてるのもかわいそうですが・・。

 

麻薬の売人や兵器の密売人に似てると思います。

完全にビジネスとしか見てないから、使用者が破滅する事も平気です。

(倫理やモラルを考えたら自分は食い詰めてしまいます・・・)

コチラの場合、生産のほうを無視するので逆ですけど・・。

 

_____だってお金になるんだもん、いいでしょ?_____

 

唇をかわいく尖らせて言いそうじゃないですか?

結婚式が趣味とか言って、何回も結婚式を挙げるのは自社ブランドのPRのためなんでしょ。

貴女を非難する人々は貴女の美しいウエディング姿に、血まみれの動物の死体を重ねて見ているんですよ、うのさん。

本当はキャリアウーマンの鏡みたいな人なのになぁ・・・・。働き者だし。

 

一方、杉本彩ネエサンは、ヌードになって毛皮反対を訴えた。こちらはフェイクファーのブランドを立ち上げました。

ワタシ的には、ウールが好き。

羊の毛は刈ってもまた生えてくるから、少し気持ちも楽かな・・・。

水鳥のダウンは、やっぱり殺されてむしられるんでしょ?

また生えてくるって話はないよね。

 

 

  P.S.  イッコーや美川憲一の意見が聞きたいところですね。

死せるタヌキのためのレクイエム

インタビュー

私のファーはポリエステルで出来たイミテーションですわ

動物愛護の見地から言っても、コレで充分です

私の名前はインタビュー、ジャーナリストですもの当然ですわ

そう、私の美しさは動物の力を借りなくても

ほら、ごらんの通りですわ・・・80

 

246

 

「まるで生きているみたい。」

ラビットファーのストールをブライダル用のドレスの上に羽織ったお客様は言いました。

 

先日、タヌキの毛皮(ダウンのフードの縁)もウサギの毛皮(ストール)も売ってしまったワタシです。

館内は暖かく、毛皮はその暖かな空気を含んでまるで生きているように感じるのです。

ワタシがディスプレイのブルゾンの襟のタヌキの毛皮を撫でるとき、まるで服の一部というよりも、生きたタヌキを撫でているような気がします。

まあ、撫でたことはないですし、生きていたならもう少し湿った体熱を感じることでしょう。

 

毛皮反対運動をする方の中には、百貨店に毛皮を返品しよう、という呼びかけをしている方もいるようです。

それは、もう、やっかいなトラブルになりそうです。返品という事は、返金も?どれくらい使用?セール?プロパー?

その毛皮は、入ってるブランドのものか、百貨店のものか・・・。

まして、そういう理由が返品理由としてなり立つのか?

 

もし実行されれば・・・・・

まあ、現在売り上げが衰退し、悲鳴をあげつつも盛り返しを目指している百貨店に対する、モノスゴイ嫌がらせにはなります。とほほ・・。

どう対処するんでしょう???恐ろしいお仕置きです。

まあ、ワタシはメーカーからの派遣社員ですので対応の判断はできません。

 

毛皮化された動物は生き返る事はありません。

返品したからって人間の罪深さからは解放されるわけではないし・・・。大事に抱きしめるように所有していたらいいのでは、と思います。

返品された毛皮を埋葬せよ・・・とでも言うのでしょうか。

 

アパレル勤務になって、動物愛護の気持ちが商業主義に負けたわけではないのですが、複雑な諸事情が存在している事は明らかでいろいろ考えてしまいます。

 

運動家のHPはいろんな事を教えてくれます。

毛皮製品を取り扱っているメーカーのリストに、ワタシが給料もらっているメーカーは堂々載っているし、生産地はすべて中国です。(それにしても、日本の被服産業の衰退はここに原因があるのですが・・)

中国の「世界に名高い残虐な毛皮養殖の実態」には、日本などの先進国が絡んでいるということです。

前のブログで「需要があるから・・・」と擁護的な発言をしたのも、日本のように生産を中国に移した企業が大きく関わっているのではないか、と思ったからです。やはり、そうなんですね・・・ううう。

日本などにおいて大量販売されるために、中国で大量飼育され虐殺されてているという事になりますか。

だからこそ、「ああ、中国人って野蛮でモラルのかけらもないっ!!」と言い捨てるには抵抗がありました。

生毛皮を剥いでいる人たちはとても貧しい出稼ぎ労働者で「彼らはお金の為ならなんでもする」とHPでは書かれてました。

きっと人件費も安いのでしょう。

自分の手をまるで汚さずに、貧しい中国人に毛皮を剥がせてたくさんの毛皮を安く入手している先進国。

安いウサギは猫の毛皮のこともあるそうです。犬の毛皮も何かの毛皮に化けたりする。

 

中国というのは不思議で恐ろしい国だと思います。エキゾティックな魅力など感じるすきもないくらいです。

オリンピックも成功させるような国になったというのに、動物保護法がいっさいないそうです。

だからこういった毛皮産業も野放しです。おまけに人件費も安い。

まあ、もし中国の養殖場が閉鎖されたら日本のアパレル業界は大ダメージでしょう。そしてまた新たな毛皮を剥ぐ人たちを探しに行くのではないでしょうか?

 

で、毛皮を言うなら、食肉は?動物実験は?

という事にもなります。

ワタシは屠殺の動画がまだ見れずにいます。

食肉用の動物も、毛皮用の動物達と同様に残酷な最後を遂げています。

機械を使った屠殺はとても恐ろしそうで・・・・・。

食用に関しては、「人間は生き物の命をもらって生きています」なる理屈も使えるのであまり声高には叫ばれないところです。

ファッションの為というのは槍玉に上がりますが、生きるために・・・という名目はたいてい許されます。

屠殺、そして解体、加工・・・。そういった作業をしてくださる方々がいて豚も牛も鶏も魚もいただけるのです。

もちろん、ワタシはいただいて生きています。

 

ですが・・・・・

「もし屠殺場がガラス張りだったら、すべての人々が菜食主義になるでしょう。」

ポール・マッカートニー

 

運動家のHPで見つけました。

いずれ屠殺の映像は見るつもりです。

知らなかったことにしてはいけないのと思うのです。

それと、もうひとつ。

死の恐怖、苦痛などでアドレナリンの多量に分泌された肉には、食べたら攻撃的になるなど遺伝子レベルでの影響があるそうです。

というのは、ワタシの頭の変換機能230で、記事には、「攻撃性のあるホルモンが残留していて食べた人の精神や身体に影響をおよぼす」とあったかな。遺伝子はないか・・・。

でも、確かに肉を多食するの人はカッとしやすいですよね。体験的に思いますよ。

 

 


プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
10 ≪│2009/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。