スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よみがえれ、伝説の恋人よ・・・ただし脳内だけど。

赤いソックス

目覚めて、赤いソックスを履くエマニエル・・・

可愛い朝の目覚めのシーンです

今日は朝から北風が吹いています

ワタシも素足で部屋にいるのはちょっとね





エマニエルの朝食は、クロワッサンとカフェオレ、そして青リンゴを二つに割ったもの・・・

ワタシの今朝の朝食は、納豆とワカメの味噌汁と、海苔の佃煮でした。(大和なでしこですからね)

台所でネギをきざんでいたら、強い北風が対面している窓を震わせました・・!!

この音は!!もしや、木枯らし一号!!

ワタシは、木枯らし一号にはちょいとウルサイんですよ。だって、これこそが、秋の終わりと冬の到来を知らせるものですから。でも、どうやら26日にすでに吹いてしまっていたようで、今日の強風はただの北風のようです。

かつて、ワタシは脳内に恋人がおりました。

「季妖」と名付けた、季節の妖怪です。四季によって名前を変えて、春男、夏男、秋男、冬男と呼んでいました。

四季によって変わるはずでしたが、一人の季妖の持ち回りで一年とおしてしまいました・・。それは、ワタシと彼との擬似恋愛によって成立していたものです。

秋男がスタートでしたが、彼は研修を重ねキャリアをつみ、冬も春も夏すらも制覇してくれました。
それも、ひとえに彼のワタシに対する執着と愛情表現にほかなりません・・。

・・・・・・・てな妄想を楽しめたのも、その頃ならではのワタシの脳の働きなのですが・・・

秋男が冬男になった日  こんな過去ブログがございます。

三年前なのに、別人のように若い感じがする・・・。(笑)脳内が特に。

脳内でも、恋人がいないとダメなのねぇ・・・。





スポンサーサイト

清純と官能・・・シルヴィア、美しき水晶

まるで神話

まるで神話のようなシーン・・・

エマニエルの恋の展開は?





女優シルヴィア・クリステルさん、アムステルダムにて死去・・・

享年60歳でした






クリステルといえば、今は滝川ナンチャラですが、ワタシのような世代とっては、やはり「シルヴィア・クリステル」でございます。

そして映画「エマニエル夫人」(1973年)は、当時一世を風靡したものでございます・・。

内容は、セレブな美しい若妻が異国において、大胆に性の喜びに開花して行くという、今で言えばAVにありそうなプロットでございますが・・・。

映画館に堂々と見に行ける、ソフトポルノとして女性達の圧倒的な動員数を得て、映画配給会社は思いもよらない利益を上げ、その功績で作った「エマニエル会議室」と呼ばれるものがあるとか・・・。

当時ワタシは中学生でした。映画館には行ける年ではありませんし、そこまで開花していませんでしたから(笑)TVのパロディとかギャグで見て知っていました。中学の体育館で(当時バスケ部)、男子がパイプ椅子に座る姿に、友人が

「**、エマニエル~。」

と笑っていたのがすごく鮮明に残っています。
isu.jpg

ちなみに、このポスターは日本のみだそうです。







高校生になりTV放送された映画を見て、私はかなり影響を受けました。「インスパイアされた」という表現に近かったと思います。(笑)
あのバレリーナのような(胸と尻はある)カラダには憧れましたね~。



エマニエルは、夫しか知らない若妻という設定。エマニエルの性の冒険はまず、飛行機の中から。

皆が寝静まった機内で、通路を挟んだ座席の男を誘惑します。非常にうまい事、たらし込みます(笑)。
なんか眠れない時に、なんかつまむか、みたいな感じですね。

これは、クレイジーキャッツのネタにされ、機内の中でメンバー扮するオバチャン達が悶えながら乳を自分で揉んで妄想するというコントをやってました。

タイのバンコクに着いて、夫と合流してからのセックス、セレヴなスカッシュクラブでのレズプレイと続きます。
レズのお相手は、マリオという性の哲学者に教えをこうように彼女にアドバイスしますが、エマニエルは昼のパーティで見かけた「Bee」に夢中になります。他の有閑マダム達とは、まるで違う雰囲気と知的な美貌のBee。(左)

エマニエルの恋
時間がないからと、エマニエルの誘いを断るBeeに必死に食い下がる、エマニエルがいじらしいです。

Beeは、考古学者です。なんとか約束を取り付けたエマニエルは、純白のミニワンピースに身をつつみBeeに会いに行きます。フワフワとドレスをなびかせ、バンコクの街を歩く彼女はとても幸福そうです。

「好きな人に会いに行くのよ。」
という思いが躰中からあふれるかのように。

林冬子氏が、このシーンについて書いています。
「・・あのシーンだけが、エマニエルが、まるで野生の呼び声にひきつけられる春先の牝鹿のように、みずから行動をおこした、ただ一つのケース・・」

そしてこのシーンがなかったら、あれほどの女性客を動員できなかったのではないか、とまで書いてます。(透明のエロス  夜明けのマルジュ  シルヴィア・クリステル   芳賀書店)

Beeは追いかけて来たエマニエルを、一緒に採掘に連れて行きます。ふたりで馬で駆けたり、滝で遊んだり・・。
キャップを少年のようにかぶり、ジーンズをBeeにナイフで切ってショートパンツにしてもらったり・・。
ふたりは自然の中で愛し合ったかのようでしたが、それはエマニエルの片思いに終わったようです。
(今まで受身だったエマニエルが、今度は自分から相手に快楽を与えようとしていました)
エマニエルは、Beeの心も欲しかったのでしょうか?

「私にとって、好きということはたいした事ではないの。」

この言葉は、エマニエルの失恋を意味します。

翌朝、朝霧の中 東屋のようなところで、膝をかかえて泣いるエマニエル。
せっかく迎えに来てくれた夫にも、八つ当たりをしていました(笑)。


Beeに振られたエマニエルは、その後吹っ切れたように(笑)マリオの指導のもと性的に進化してきます。

ボクシングの勝者の景品になったり、最後はトコトン妖絶なメイクになったり・・。
映画中、彼女はほとんどナチュナルメイクでしたね。まさにハタチの美貌です。(実際年齢は22歳)

映画音楽もヒットし、イージーリスニングには欠かせない曲となっています。

エマニエル夫人はそれぞれ別の監督でシリーズ化されましたが、初回が最高に思えます。他のシリーズはアタタ・・・という感じです。
シルヴィアの他の作品も見ましたが、エマニエル夫人のような、感動は得られませんでした。
ジュスト・ジュカン監督が私の好みに合うのでしょう。

彼のあまりない作品リストの中に、好きな映画が二つありました。「ガールズ」と「O嬢の物語」です。
彼がゲイだと書いた評論家もいましたが、映画界から離れて現在もパリで奥様と暮らしているそうです。
アパート エマニエル

映画のオープニングのパリの部屋から・・・。

キモノガウンが素敵

例のテーマが流れます・・・・・









愛の歌うたう エマニエル

心が 求めるのです

愛の歌うたう  エマニエル

体がうずくのです



君はまだ子供だから

ただ一人の男しか知らない

だが  20才だから血が騒ぎ

ひとつの恋は長く続かない




こころの愛を

君は夢み

体の愛を

君は見出す

君の姿は男たちにとって

欲情の熱いため息



君は美しいエマニエル

心を求め涙を見つめ

いつもいつも求めなさい

君の行く手に愛があるでしょう










シルヴィア・クリステルさんのご冥福を心よりお祈り申しあげます。





お食事は、おすみ?

パンを床に置く、マーロン

パッシーのふたりのアパルトマンで・・・・
チーズとパンと水でマーロンは食事中

マリアに冷蔵庫からバターを持って来るように言いつけて

コムスメ丸出しでプンスカ怒ってるマリアを笑いながら見てるマーロン

(まだマリアは、そのバターの用途は知らない・・・






この間、行きつけのスーパーのブックコーナーで

今話題の南雲医学博士のムックを購入しました

食べない美容法というか、健康法でTV、書籍でお馴染みですよね。

皆様、関心ありますか?











「20歳若くなる!Dr.南雲流 若返りテクニック」  宝島社 発行

南雲吉則(なぐも よしのり)氏は、50代なんだけれど30代にしか見えない現在のルックスと、
20年前の太ったオッサンクサイ写真を対比させ、まず見るものを圧倒します。

けっしてイケメンではありませんが、現在の美しい肌、豊かな黒髪、スレンダーだけれどガリガリではない中肉中背の躰、加えて脳年齢や血管年齢、骨年齢のの若さには、やはりワタシも一目置かざるを得ません。

ポイントは、「歩く」「眠る」「入浴法」「食事」の4点です。

やはり、南雲先生といえば「一日一食」でしょう。

粗食を進める、医学博士は多いですが、一日一食を明言する博士は初めてではないでしょうか。
まあ、絶対一食!と言っている訳ではなくて、三食にこだわる必要はないと言っているのですが。

若返るには・・・空腹を感じる事。最初の「ぐー」の時に成長ホルモンが出る。次の「ぐー」の時には、「サーキュイン遺伝子」が稼働して、傷ついた遺伝子を修復してくれるそう・・。

他にも、内脂肪を燃焼させる方法や基礎代謝を上げる方法とかありましたが、ワタシは少し痩せすぎなくらいなのでそのアタリはスルー。尻育中ですし・・。

ワタシも、仕事中、なかなか食事に行かないので心配される事があります。
(実は、一度も食事もお茶も行かない時もあります。大きな声では言えませんが・・・)

空腹のままでいる事があまり苦じゃないので、自分ながら大丈夫なんだろうか?と思う事もありました。

これで、いいんだと、嬉しい思いです。

ただ、ワタシは少食な方ではなく、よし!気合っを入れるぞ、午後はっっ!!とか思うと好物の某チェーン系ラーメン店の「鶏がら醤油のあっさり細麺、ミニチャーハン付き」を食べに行き、お腹を撫でながら出てくるという・・・。(笑)どこのだか、解かる?

基本の昼食は、*り*ンの弁当です。

南雲先生は、腹八分ではなく、腹六分の食事をすすめています。
確かにお腹いっぱい食べた後の虚脱感は、意外や不快です・・。(ワタシはね)

成長期の子供達にはどうかと思いますけれど、器の完成した大人達には良いのではないでしょうか?

南雲先生は、子供達の事には触れていないので、これは大人限定でしょうね。

まだ荒読みなので、これからゆっくり読んでいこうと思います。

ゴボウ茶って美味しいと思う?

ゴボウ茶は、南雲先生の美の秘訣らしいのよ。

パッシーのふたり

マリアのお尻

素敵な洗面所です・・二人並んで、お手入れができます。

マリアはお化粧直し、マーロンは髭をそります・・

二人の会話がオシャレです







「私はずっと、ひとけのないアパートで一人の女性に出会いたいと思っていました。

誰の所有なのかわからないアパートで、その女性が誰であるかも知らずにセックスをする。

そして何も知らないままに、この出会いを果てしなく繰り返したいと思っていたのです。

『ラストタンゴ・インパリ』は、このきわめて個人的な(そして、おそらく、陳腐な)妄想の発展です。」


____ベルナルド・ベルトリッチ頌  (芳賀書店 ) より_____








「ラストタンゴ・イン・パリ」について、絶望的な孤独とか、愛の不確かさとか、映像美とか

ベルトリッチ特有の映画スタイルの事とか、イロイロ論じられるんですが

ぶっちゃけ、「この部分」が多くの人の関心を惹くんではないでしょうか?






まず、二人はパッシーのアパルトマンで出会います。

伏線として、高架台の下の歩道をあるくマーロンをマリアが追い抜いていく冒頭のシーンがあります。
妻に自殺され、放心状態で歩くマーロンを、早足でマリアは追い抜いて行きます。その時、なぜかマリアは

「何、このオジサン。」
てな感じで振り返ってまで見ていきます。

なにこのおじさん、マリア


このシーン、何秒かあるんですけどこんなガン見は紳士に失礼だと思うんですが。
マーロンは、まるでマリアは眼中にありません。
このあと、カフェのような所でトイレの前ですれ違ったりもします。
この時のマーロンも、うつむいたままでまるでマリアに関心がありません。
マリアは、さっきの男だと気づいていて、またじっと見ています。

そして、マリアが部屋の下見に入ると、既にマーロンがいて、真っ暗な部屋の中でラジエーターの上にうずくまるように座るマーロンがいます。
マリアは、ちよっと驚くけれど、平然としていて、普通に話しかけたりしています。

マーロンは、暗闇に潜む不審者にしか見えないし、ワタシならソッコー部屋を出ますね!。
フツーなら、危険予測ができないといけない怪しい状況・・。(笑)

マリアは、窓を開けてあちこち散策したり(すごく広い部屋なんですよ)マーロンに質問したり。

マーロンは、マリアにはまるで無関心で、あまり反応もせず部屋の中を散策し出す・・。
「変な人・・。」
マリアの心はつぶやているかのよう・・。(あなたも変よ。)まるで、マーロンの関心を惹きたいみたいに動き回る。コムスメの心理として、自分に関心を持たない男は許せないものです。(笑)


そして、部屋にかかってきた、ある間違い電話が、マーロンをやっと刺激します。

すると空気がなんだか変わってきます。来た来た~!!って感じでマーロンが、全身からスゴイオーラを出しながら接近してきます。

これから・・

こぇぇ~~マリア、ビビってますね~。でも、目がそらせない感じ・・。


このあと無言で壁際まで運ばれて(笑)セックスに入るんですが、二人の息遣いの音しかしない、迫力のあるシーンです。
そうそう、唯一あるのは、マーロンがストッキングを破る音だけ・・・。こぇ~~~~~~!!

二人とも着衣のままで立ったままです。前にも後にも会話はいっさいなし・・。

以前、ある女性ブロガーさんが書いてたんですが、「ベルトリッチの映画のセックスは前戯がない。」と・・。ワタシもそう思う。
ただ、ここでは必要ないのかもしれない。

ここで、初めて二人の関係が始ります。

マリアは、いっさい抵抗もしないし、「NO!]さえも言いません。まるで、待っていたかのようです。

二人は、何度も荒らしく唇を貪り(これが前戯の代わり?)ます。

「愛しあう」という言葉は似合わない、ただの「性交」です。

ここは、この映画にとって、とても大事な導入部なのです。






それしても、マーロン・ブランドの背中がたまりませんことよ・・。(´∀`*)ウフフ




今夜のマツコ・デラックス

matuko.jpg
焼き鳥を食す、マツコ・デラックス・・・

箸を持ってるから、何か違うものかな?

TV番組「マツコの知らない世界」という番組です






皆さま、ご存知「マツコ・デラックス」です。

この画像では、わかりづらいかもしれませんが、とても美しいメイクをしていました。

グルメ番組ですから、アップがほとんどで、ずっとマツコのメイクに見入ってました。

ベースは完璧につくられ、髪は優雅なアップスタイルです。

襟足とモミアゲの部分は、キチンと処理されていてグルメ番組にふさわしい清潔なヘアスタイルです。


彼女は、1トンを超える巨漢ですから、顔は大きいです。

ただ、顔の中心の部分は、皆同じ比率にあります。

ワタシは、彼女の目鼻のバランスが好きなのだと思います。

カメラを引くと、なんかぼんやりした表情に見えるかもしれませんが、アップの顔が本当に美しかったです。


アイシャドーは、わずかに陰影を感じる程度、眉は美しくアーチを描き、アイラインはある程度の太さで目の上側のみ引かれ、少し釣り上げた猫目ラインです。目の下側はほとんど色を感じさせません。

そして、つけまつげは、目尻に向かって長くなる、優美なメーテルタイプ・・。完璧なアイメイクには、控えめなリップメイク・・。

ピンクよりのローズが艶やかに彩られれていました。なんて上品なんでしょう。

彼女は、肌が美しいのでカメラがアップを狙っても大丈夫です。

様々な冷凍食品、焼き鳥、ラーメンと食事は続きましたが、食べ方がとても綺麗でした。


「マツコって、品がいいよね。絶対、下ネタとか言わないし。。。」

ワタシが、褒めてる時の事・・・。

某焼き鳥店のお二方登場・・。

なんか、マツコが黙り込み、なんだか口元が緩んでいます。

こ、これは!皆様も覚えがありますでしょう。好みの異性を見たときに思わずニヤケてしまう事が!マツコの場合、同性ではありますが。

「なんだか、嬉しそうですね。」

と突っ込まれるマツコ。かすかに頷くと、個人的な質問を二人に浴びせ始めます。

そして、二人のうちの背の高い痩せた方の男性に(写真後ろ左)

「アタシにやさしくしてくれたら、その銀歯白くするくらいのお金をあげるよ・・。」

と言ったんです。

・・・・・・・・・・・・・!!!

カッコイイ!!

女装家のゲイの中で、この方一番好きかも・・。

なんで好きかの分析は、また後ほど。

早く寝ないと、成長ホルモンが出ないしね・・。

秋は、お肌とボデイのメンテナンスに最適な季節ですよ。


それにしても、マツコメイク、やろうかな・・。
髪はずっとアップにしているしね。


プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
09 ≪│2012/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。