スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋とはどんなものかしら



恋とはどんなものかしら?

教えてください、ご婦人方・・・・・





モーツァルトのオペラ、「フィガロの結婚」より

お小姓ケルビーノ、女の子達にもてもて美少年なのに

年上の伯爵夫人やその侍女の方が気になる様子・・・



オバさんオペラ歌手の動画が多いなか、この女性歌手は美少年に見える・・・



ていうか、この動画って何?


・・・・・・不思議な世界感に惹かれました・・・・・・









島倉千代子さんが亡くなりましたね。

彼女の死と共に、波乱万丈の人生をワイドショーが報じてました。

それに、恋多き女性とも・・・。

「歌手はいつも恋をしていなけりゃダメなの。」

と彼女は語っていたそうです。

そして、けっして人を恨まない彼女の生き方は、あんな穏やかな美しい顔立ちをつくるのか、とも思いました。

心のあり方の大事さを、今さらですが再確認いたしました。

人を恨まずに生きて行けるのも、つねに誰かに恋をしているからなのかもしれません。





恋とはどんなものかしら?




・・I know・・・・・・・・・




スポンサーサイト

ダリル・ハンナにも学んじゃう?この際。

エルの悪顔

ク~~~~~カッコイイなぁ・・・

エル・ドライバー演じるダリル・ハンナ(キル・ビル 2)より

マリリンより、こっちの方がワタシには合いそうだわ・・・(笑)

この黒スーツの着こなしはワイルドで素敵。

躰がしっかり(しすぎかも・・)してるからこそ、実現するスタイル


ブロンド対決

すごすぎる、ブロンド対決・・・

キル・ビルは、2の方が好きかも。

前作は漫画みたいに楽しめたけど、2のほうはヒューマン・ドラマっぽくていい。


ワタシも普段、黒ジャケに黒パンツだけれどここまでコワくないわ。

たまに、若頭っぽくなっちゃうけど・・(笑)

肩幅がフツーの女子よりあるからね、ワタシ。

羽織ものはメンズっぽいのがメチャ似合うんだよ~。

マリリンに学べ  Ⅱ

カワイイ、キョトンマリリン
キョトンとした表情もカワイイ、マリリン

左は心優しい、婚約者・・マリリン演じるローレライにメロメロ・・・





マリリン・モンローには、女の子なら一度は憧れるハズだと思う・・。

世界中の男達から時代を超えて、熱烈に愛されるなんて、こんな女優いないもの。

モンローの外見に憧れるんじゃなくて、たくさんの男達に愛される、現象に憧れるんだと思うけど。

マリリンのスタイルやメイクは、現代の日常生活にはモチロン合わないし。

マリリンメイクなるものをネットでいくつか見たけれど、まあいいんじゃない?って感じ。

みんな頑張って、似せてます。

でもマリリン・モンローじゃない。当然だけど。で、あまり素敵じゃないし。


ワタシが職場で最近、マリリンメイクを実践しているんだけれど、人に説明すると、へっ?て顔をする。

わかんないかなぁ・・・って(笑)わからないよね・・。

別に似せようとしているけじゃないから、いいんだけどね。


ワタシが心がけているのは、目元の優しさと、リップの華やかさ。

あと笑顔。

メイクに関しては、アンジーのときみたいな猫目じゃなくて、少しタレ目な感じでブラウンでアイラインを引く。

下まぶたのラインも少しさげて描く。

アイシャドーはブラウン系でまぶたにハイライトというかグリッター感を出す。

つけまつげはいつもどうりに目尻強調タイプ。

眉毛は蛾みたいに広げて描きたいところだけれど、今だからあえて抑え目のアーチ。

リップは少し輪郭をベージュのペンシルで補正して、アプリコットローズの口紅でリップラインをハート型にとって、その日の気分でオレンジ系、レッド系、ローズ系と替えてます。

華やかに、艷やかにね。これぞマリリンだ!とばかりに。

最近気に入っているのが、ロレアルパリのシャインカレスというシリーズ。

リキッドルージュとでもいうのかな、かなり気に入ってます。(Pよりも・・笑)

ミニプラやドラッグストアで買ってます。


肌をバラ色に仕上げたいところだけれど、18歳のワタシはバラ色の肌でしたが、今は無理です。さすがに・・(笑)

若いときは赤味を消したくて必死で、年をとると赤味をどうやってうまく付けるか思案するという・・。

白けりゃいいってもんでもないんですよね。

クールにキメたいときは蒼白でもいいんだけどさ。

まあ、チークでなんとかするわけです。


まあ、この間、髪を染めたとき暗い色で染めすぎてしまったといのもあって・・。自毛でもこんなダークな色ではないくらいに。

そのせいもあるのか、顔色が超クール。

ブロンドヘアは、肌色をピンクに見せる色でもありますが、白人女性特有のあの桃肌は、日本人では少ないですよね。

たまに男子にいる感じ。なぜか。(笑)




最近、太りたくて必死。マフィンなんて、作って食べまくりだし。

南雲式もすっかり卒業、こんな夜ふかし。


明日は朝シャンしたいし、お弁当もつくりたいのに。


明日もマリリンで行く予定。

それでは、お休みなさい、ププッピドゥ~(笑)

マリリンに学べ

マリリンと男達

取り巻く男達の求愛を拒み、ダイヤモンドが最良の友、と歌うマリリン・・・

(それにしても多いわね)









マツリも昨日で終了、随分無茶をしたわりには結果は良くなかったけれど、それはそれで仕方ないコトよ。

明日から、また心機一転取り組んで行こうと思うの。

普段と違う売り場の雰囲気と、普段会えない人達、特に久々のメンズ達に会えて嬉しかったし・・・。

ハロウィンも終わって、館的にはすでにクリスマスムード・・。

今年は大リニューアル期でもあるので、今年の年末は盛り上がりそうだわ・・。

クリスマスの飾り付けが今年は例年になく幻想的で素敵だもの。

この二週間ばかり、私のイメージを支えたのは「マリリン・モンロー」。

メイクも優しく、穏やかで、華やかなイメージ・・。

アンジーメイクはお休みしまして、可愛くね。


参考にしたのは、マリリンといったらコレ!とも言える「紳士は金髪がお好き」。

歌って踊れるマリリンの魅力が満載の楽しい映画です。

これぞ、マリリン!!というシーンばかりで、どこをキャプチャーしても素敵なの。

テーマは同じだけれど、作りの全然違う「億万長者と結婚する方法」もみたけれど、画像が見づらいのとマリリンはすごく素敵なのに、ローレン・バコールの影に隠れちゃう感じだし。ローレンってコワイし・・(笑)


おりしも、共演の「ジェーン・ラッセル」が最近亡くなったそうです。
かなりのご長寿でしたね・・・。最近まで活動なさっていたとか・・。

マリリン演じるローレライに反して、お金持ちよりイケメンマッチョが好きな姉御肌のドロシー役をいい感じに演じてました。
かつてマリリン本でも、彼女の寛大さは読んだことありましたね。マリリンはスクリーンではあんなに天使みたいなんだけれど、実際は超ナーバスで大変だったらしいですし・・。

男はお金!!と言い切るローレライもまるでイヤミじゃなくて、ダイヤの鉱山を持ってるオヤジにアプローチするローレライ(それを婚約者がつけた探偵に報告されちゃう)もとってもカワイイのは何故だろう?(笑)

悪い人がひとりも出てこない、素敵な映画です。

マリリンのたらし込みのテクニックとでもいうか、あの語り口、目線とかは大変勉強になります。(笑)

これぞマリリン6

「あなたの専門はなに?」



相手の職業を聞いてるだけなのに、この艶っぽい表情・・。

それも、自分のターゲットではない男なのに。

(親友のドロシーに接近する男の懐具合をチェック)



子供じゃないの、マリリン

オリンピック選手らにうつつを抜かすドロシーのために、

ローレライがテーブルをセッティングしたのに

(チーフを優しく脅して)

子供が登場して、驚愕のローレライ・・・(笑)

マリリンの表情を見てるだけでも楽しい映画です。

クルクル変わるのがとってもカワイイ。

この子供億万長者は、他のシーンで

「君には抗いにくい魅力がある・・。」

とマリリンに言う、おませちゃん。



「マリリン・モンロー」という虚像は、まさにダイヤモンドのように永遠に輝き続ける・・・



これぞマリリン

男達はこの一瞬のために、チーフに大枚払ってこのテーブル席を取る・・・

カワイイもんだわね・・。
プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
10 ≪│2013/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。