スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Your smile is my happiness



ヒュー・グラントを楽しむ映画・・・

ラストシーンは、ローマの休日風だったな。








口実を思い立ち、彼に会いに行くことにしました。

頼りになる女友達から、データを収集し、計画を綿密に立てて決行しました。

日取りと時間帯からして、会えない事がわかっても、メッセージとギフトが私の余韻を彼に残すことを想像し、それもいいわ、と思ってました。

彼はある意味、大きな節目を迎えていて、日々多忙に過ごしているはずなんです。

そのXデイを利用して会いに行く口実を作ったんです。

二度と会わないつもりでしたのに、ある日潜在意識が私に囁いたのです。(笑)

「あの方に会いにおいきなさい。」

あるいは、彼が呼んだのでしょうか?



その日は朝からテンションが高く、仕事もノリノリでした。

やはり、脳内麻薬なしには生きていけません。やはり、恋なしでは生きていけないことを実感。



仕事終了後、ラインで連絡を取りながら、ひと目を避けるように侵入。

すると、いないはずの彼発見!まさかの残業中!!

女友達のいるエリアに隠れながらの潜伏。

「動物みたいな動きだよ。」

と笑われながらも声を殺して潜んでいました。私の存在に気が付いたのか、女どもがチョロチョロしだせば、私も猫のように物陰に。

一度彼の視界に入りそうなときがあり、戦地の傭兵のようにすばやく身を伏せる私に彼女も苦笑。

普段残業なんかしない(笑)彼がまさか、いるなんて思わないし、またこれがなかなか帰らないと来た。

「会わないの?」

と彼女。

「帰るときに、ひとりだったら手渡す。連れがいたら、合図して。」

私のミッション指令は続く。

ついに彼のお帰り、そして単独である事を確認。

彼が私を認識、私も声をかける。

そのときの彼が最高に可愛かったですwwww!!

「あ、誰だったかな!もう名前なんか忘れちゃった!。」

と、超スネモードで。(笑)

女友達が笑顔で見守る中、久々に会話。

あの笑顔はほんとにいいなぁ。

自分の為だけに来たことを知って、大満足の相変わらずの俺サマ気質。

メッセージ付きギフトも、自宅のリビングで開封してもなんの問題もないものですし。

爽やかにオープンに、短い時間だけど話せて良かった。


「車で来たの?」

「いえ、電車で。」

「帰るの?」

「もうちょっとしたら・・・。」

すると彼女が

「二人でどっか行っちゃいなよ。」

と笑顔で言う。ナイス!!

でも私は言う。

「ああ、だめ、危ないんだよ。二人っきりだと、カラダの(中の)ケモノが吼えちゃうから。」

彼の破顔の笑い。私のエロトークにギブアップしたときのあの笑顔、久々に見ました。



最後の最後まで、絶対二人っきりにならない清いワタシ達。(笑)

別に、別れなくていいんだよね、付き合ってたわけじゃないんだから。(笑)

来月の来訪を約束して、別れました。



せっかくの信頼関係を捨てることないよね。

なんだか、私より彼のほうが、この別離はこたえてたかもしれない。

「もう、忘れちゃった!」って。(笑)オトナをかなぐり捨ててるし。

あのときの駄々コネ感がたまらんスィーツでした、今回。











スポンサーサイト

近況そして「he」最終回です。。。







新しい生活が始まって、はや一ヶ月です。

仕事は、あさってから始めての山場を迎えます。

この山場は定期的にあって、もっとも比重の重い、イベントでもあります。

今日は、休日・・。明日に備える日でもあります。


「SNS」をやってますか?

という問いは、以前の職場のSMがよく朝礼で言っていたことです。

公私を混同したユーザーの暴走が、いろんな弊害をもたらす事があるからですが。

私も、ある喪失感を紛らわすように、いちどきに、ツイッター、ライン、フェイスブック、と始めました。

ブログもやってる事も入れれば、「まめですね。」と言われることもあります。

ラインのチャットは面白いし、ガールズトークには、うってつけ。真夜中の恋愛論とか。

フェイスブックは、まだ友達もいないんですけど、公式なお友達(笑)がいろいろ更新するのがアップされて面白い。

住んでる地域とか、スイスからランビエールの写真とか、G・ドラゴンの写真とか・。

意外な人がお友達で、でも沈黙していることもあります。(笑)

二人体制の売り場なので、店長と℡交換したらやはりラインをやっているのですが、絶対開けない、パンドラの箱です。(笑)

アナーキーなパンクかと思ったら、ガラスのハートの甘えんぼさんで、オヤジな子供でした。(笑)

口先で転勤転勤言ってないで、私に仕事を教えて、さっさとどこかへ消えて欲しい。(笑)暇さえあれば、張り付いて、なんかしゃべっ
てるんですよ~!!同じことを何回も言うし。リフレインで笑いを取りたいらしいんですけど。

仕事を引き継ぐまで、ガマンで笑顔・・。(こういうタイプこそ、意外と動かないんだよね、居心地よくなっちゃって・・・)


私達の周りを囲む、コワイお姐さん方のほうが、よっぽど素敵だわ。高身長の女性ばかりなんですよ。

ここに来て、ワタシなんかちっとも大きいほうじゃないんですよ。






最近、よく夢を見るようになって、それもよく覚えています。

脳の活性化なのか、ストレスなのか。奇妙な夢も多いですけれど、好きだった人が出てきて、隣に座って腕に触れる感触があったり

・・とか。

恋が終わって、(つうか、エアーな恋だったのでワタシが勝手に終了して)セロトニンが出なくなったのか、太ってきました。

みんな、今ぐらいがいいよ、言ってはくれますが、かつてここにいたとき、太ったことがあって・・。

以前のところは、離れたくないくらい好きでしたが、ストレスもあったんでしょうか、ここに来て俄然胃の調子が良くなりまして・・・。

新しい職場のほうが過酷なのに・・。

前のことは考えないようにしています。

以前の人達とも連絡は取らないし、むこうとこちらを行き来している人達とも距離を置こうと思っています。





・・・ただひとり、けっしてさよならとか、お疲れさまでした、とか元気で、ピリオドを打とうとしない「he」を思い出すと、少し悲しい。

この人だけでした、そんな惜別感があったのは。

人気なかったのね~。(笑)まあ、ワタシがくだらない女の世界を蹴って、「he」のみに集中したからね。


初めて、辞めることを告げたときの目とか

「どうせ、禁断症状が出てすぐ会いにくるんでしょ。」

と彼が言ったとき、

「来るわけないじゃないですか。一度やめたら、二度と来ない。」

とワタシが言い返したときのうつむいた顔とか・・。



最後の日にまで、

「いなくなっちゃうわけじゃない、遠くに行っちゃうわけじゃないし。」

と、とぼけていて

「そんなの楽観的すぎますよ。」

と言い返したときの目とか。

「また何か、贈ってくれてもいい。」

「何言ってるかわからない・・。」

とワタシ。(笑)こういうところがかわいくて好きだったな。


先に帰る彼に、

「いままでありがとうございました。元気でがんばってくださいね。」

と〆ようとしているのに、

「また、ここに来てくれていいよ。」

とか、まるで関係ない売り場を指したり・・・

混乱してるのは分かるんだけど(笑)。


絆を切るまいとしてくれてるのは、わかるんだけど、結局この人には何も期待しない、できないまま終了。

ワタシだって、いつまでも愛の泉じゃいられませんよ。生活があるんだから。

貴方のせいじゃないのよ、ここ辞めるのは派遣元を辞めたいだけなのよ、という話はきちんとしてあるし。

生活を考えると迷わず、決断できました。さすが、ワタシ。

でも、あまり体験したことのない愛をワタシからたくさん受けてしまって(笑)今後大丈夫かしら。





今度は、私だって、と腕まくりしている女性達、「he」をよろしくお願いいたします。(笑)

(貴女方が、始めからもっと素直にしてくれてれば、ワタシが出てくることなかったのよ?)



紳士で、お茶目で、子供っぽくてセクシー。

真面目な勉強家、綺麗な言葉使い、美しい字で文章を書き、数字に強くて、ちょっとケチ。

家族をこの世で一番愛する、蟹座の男・・・。


これで、「he」のカテゴリーは終了となります。



番外編はあるかな。(笑)














覚悟はできた!


やはり、今はこんな気分







古巣にもどって、二週間は過ぎたかしたら・・・

おおかたの顔見知りとは、再会の挨拶はすんだ。


反応は、好意的なものや、興味本位なものや、皮肉めいたものや

イロイロでしたが、

人にとやかく言われる筋合いはありません(笑)


短期でアチコチ行かれる方々(当然前の場所でも会ったりした方々)との再会も多く、

前の場所の話をされたり、逆に聞かれる事もありますが

もう、知らない。(笑)


関係ないし。


履歴を削除しろというのは、ウチの店長の口癖。


洗脳を解かなければ、とか(笑)いつも言っています。


アナーキーでパンクな彼は

ここの体制がキライらしく、ワタシにここをしょわせて

好きな場所に転勤したいらしい・・・


ワタシはここの体制が、というかこういったハコを


愛していますので(笑)望むところです。


彼のように、住宅ローンが組めるような給与がもらえるならなんでもしますよ。


「女を捨てて、この一年がんばります。!」

と言ったのは、はずみでしたが、いやいやどうして、真実です。


これでしょう!

一年半くらい、エアーな恋愛を楽しんだのだから、もういいでしょう!


脳内麻薬のカラクリを知れば、またいつでも恋はできると思う・・




でも、ワタシは言った・・・

「でも、つけまつげはつけさせてください、じゃないと変なんですぅ。」


ちなみに、店長は10歳年下のスキンヘッド。





ここが私のホームです。

カッコイイ、エル

キル・ビルの、悪~いエル・・・なぜ、これ貼るかな。







先月、20日に前職を辞め、21日より新しい職場にて稼動・・。

かれこれ、10日は勤務したかしら。

前は1人体制でしたが、今度は二人体制で上司がいます。

とってもファンキーで若い上司、というかパートナー・・・・てか、店長。

以前の店の店長にあたるのは、フロア長というか、課長。

フロアだけでも係長がたくさんいるし、社員も派遣もたくさんいる。

大きな組織に配属されて、いままでどんだけ「ぼっち」だったか、痛感している。


派遣元の会社にも、派遣先であっても「ぼっち」だったのだと。





そういうものだと、思っていた。




やはり、ずっとはいられない場所だったのだと。

必然的に現れた転機だったのだと。


5年ぶりぐらいにもどった場所なのに、フロアやエレベーターや社食において

声を掛けてくれる古い知人、友人達。

こういう感情とは、無縁で過ごした3年5ヶ月だったけれど

楽しくて、あっという間・・というのは本当だ。

辞めるときに、朝晩の朝礼でスピーチしたとうり・・・。




孤独なりに、寄り添えた魂はあって、それがささえになっていた事もある。

その人の孤独に触れたがための、お互いの化学反応にすぎなかったのかもしれない。

(だからこそ、前の化学反応の相手に憎まれたんだわね。孤独感を独占的に共有したかった人に・・)



今となれば、幻想だった気もするけれど、そのときは幸福だったし。

脳内麻薬が見せた夢なのかもしれない。



一時の喪失感は、ワタシをSNSに走らせたりしたけれど、いずれは落ち着くでしょう。


ラインもツィッターもフェイスブックもフル稼働じゃ、疲れるだろうし。(笑)



つい前の仕事の話をしてしまうたびに新しい店長は笑って言う・・・


「ここが、あなたの職場ですよ。」



「そうですね、ここが私のホームです。」


もう大丈夫。









プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
08 ≪│2014/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。