スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛天の酉蔵様、参る・・・ 第八巻

「そこまでだ・・・」

酉蔵とカムイの・・というより、酉蔵のひとり剣劇に邪魔が入ります。

冒頭の酉蔵の仕掛けを見ていた、老剣士です。酉蔵の元師匠のようです。

「酉蔵!おぬしに剣を教えたは、わしの間違いであった。」
「今宵は、成敗してくれる・・」
・・そして、抜刀。

「ヘッ、先生の剣があっしに通用しやすかねえ。」
平然と悪態をつく、酉蔵・・。

まさに師弟対決になるのですが、このシーンはこの物語の唯一の殺陣シーンになります。(忍や、チンピラ浪人との斬り合いはありますが、殺陣とは言いがたいカンジです。)

「イェー!!」
まず、師匠が気合も鋭く斬り込んだ一刀を酉蔵、なんなく右の刀でくい止める・・口元には薄ら笑いを浮かべています。

「これ以上おぬしの邪剣に人の血を吸わせるわけにはいかぬ。」
師匠の顔は、悲痛な覚悟に満ちています。

二人きらりと身を翻し、さらに師匠一刀!酉蔵高く飛び上がり、上段より振り下ろすが、師匠顔面間際で受け止める!

もの凄い金属音の連続と、空を斬る音、まさに息苦しくなるような緊張感・・・。酉蔵の顔は、暗黒に支配された王子のように冷酷で、凄まじい勢いで師匠を追い詰めていきます。まさに、聖剣と邪剣との戦いです。

・・が、またさらに邪魔が入ります。
二人の死闘をずっと無表情に見ていたカムイが、頃合いとばかりにそばの材木を倒し、大八車を転がしてじゃじゃ馬、酉様を鎮めます。


「チッ!ケチがついた・・・又日をあらためて決着をつけてやる。」
捨て台詞を残し酉蔵は去ります。


             



「天びんを見あやもうた。」
彼は、無限流道場主、伊吹兵馬。右手から流血しています。布切れを差し出すカムイに言います。
「かたじけない・・・あのまま最後まで斬り合うていればわしが斬られていたやもしれぬ・・」



恐るべし、飛天の酉蔵・・。

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

No title

チンピラ浪人に反応しちゃった!

あら、以外なトコロに!!

おはようございます。

__飛天の酉蔵様、参る・・・はまだ完結してないんです。

原作ご存知なのでは?

ウチの酉蔵は、今日も元気です。v-521
非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。