スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛天の酉蔵様、参る・・・ 第十八巻

・・・これからの物語を追う事が実は、私は恐ろしいのです。

なぜ私が、このシリーズを中断するのか・・なぜ一気に仕上げていかないのか・・。なぜ、たんねんにストーリーをも伝えようとするのか・・。なぜ、始めたのか・・。

私の深層心理があばかれていくのではないか・・。
・・最後に私は何を語ってしまうのか・・。

                

                     




江戸の路地裏をひとり歩く、カムイ・・。

一匹の犬がカムイの後をついてきます。(気配を消して・・)

蔵の立ち並ぶ川ベリ、柳の木・・。カムイは、ふと振り返ります。

そこには、無心な顔でじゃれあう野良犬達・・。

「フッ、野犬か・・」

カムイは、自分の店に帰るのか町中へと進んで行きます。
そしてアングルは、俯瞰に変わりさっきまでカムイの後を気配を消して付いて来ていた犬が高い瓦屋根の上からカムイを見下ろしています。

・・・これこそが、「忍犬」です。
不敵な面構え、思考するかのような表情・・。

羽ばたく二羽のふくろう、(これは、酉蔵の隠れ家の近くにいつもいたつがいでは?)

江戸の町並みにサイレンのように、響き渡る犬の遠吠え・・

・・・これは、カムイに追手が迫ってる事を表しています。
「追忍」の存在です。

町にあふれる御用提灯、役人・・。居酒屋をのぞきこむ岡っ引き・・

これは、酉蔵を追う者達です。

江戸は不穏な空気に包まれます。

凄惨なクライマックスへと展開していくのをもう誰も止めることはできません・・。



スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。