スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛天の酉蔵様、参る・・・ 第十九巻

・・こちらは屋形舟の中・・。

腹黒そうな旗本が、三味線の音も華やかにキレイどころをはべらして、宴もたけなわと言ったところです。
そこへ、一そうの渡しが近付いて来ます。

「もし、お旗本の石垣様。お迎えにめえりました・・・」
船頭が告げます。

黙って艪をこぐ船頭。
「ウーム、いい気分じゃ。船頭、もう少しゆっくり行ってくれ。」
無言の船頭に、旗本、
「おい!船頭 聞こえないのか!」
と振り返り船頭をにらみつけます。

「フフフ、ゆっくり行こうが 急いで行こうが行く先は一つですぜ・・」

この船頭は、なんと酉蔵です。
そして、この旗本は、酉蔵の父をなぶり殺しにしたあの旗本なのです。


「飛天だと、すると貴様は・・・」
「そうよ、思いだしやしたかい。まずおまえさんから、地獄へ行ってもらいやしょう・・」

はらりと、酉蔵ほうかむりの手ぬぐいをとります。

「ウワワ助けてくれ!」
「笑わせるねえ、今さら泣きがきくわけがあるめえ。」

恐怖に錯乱した旗本、大きく刀をふりかぶりますが、酉蔵にあっさり斬殺されます。

橋の上には無数の御用提灯・・。酉蔵、川へ飛び込み岸へと逃れます。
そして、川ベリの小さな小屋で着物を脱ぎ、ぬれた体を拭き始めます。

酉蔵の成熟した女体があらわに描かれます。

そして、酉蔵はある気配に振り向きます。

「ヌッ、おめえは!」
なぜか、半裸のカムイが同じ小屋にいるのです。
腕組みをして眼を閉じて干しわらの上にいます。

「見たな!」
酉蔵は形相も凄まじく抜刀し、カムイを斬ろうとしますが頭上でぴたりと止めます。

「なぜよけぬ!」
「ただなんとなくな・・。魅入られたか。」
平然とカムイは言います。

「そういうおめえさんも何故バッサリ殺らねえんですかい・・」

酉蔵、言葉に詰まります・・。

お互い見詰め合う二人・・。

思いつめたような困った酉蔵の顔・・。
優しく微笑むカムイ。

酉蔵、刀を捨てます・・。

二人は抱き合い、口付けをかわし、愛しあうのですが・・・。

酉蔵は激しくのけぞり、声を上げまさに絶頂の瞬間・・・

「ハッ!」

酉蔵は目覚めます。ここは、酉蔵とおもんの暮らす家です。
「あなた。」
目覚めた酉蔵を嬉しそうに呼ぶおもん・・。

「夢か・・。」

酉蔵、愕然としています。

・・父親の仇をうったのも、カムイとのセックスも酉蔵の潜在意識の願望が見せた夢であったのです。


このシーンは、なかなか有名なシーンで、カムイの童貞喪失とか、取りざたされた事もあったようです。
あまりにストイックでシリアスなカムイのキャラクターのため、意外性が十分だったようです。

・・でもこれは、酉蔵の夢の中のお話なのです。



スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。