スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべて緑になる日まで

 


昔の少女漫画のタイトルです。


ある日、恋人と幸福に暮らしている男の子の前に、


浮浪者のような少年が現れます。


誰かに連れ去られようとしている場面に出会い、彼は助けてあげます。


彼は薄汚れていて髪はぼさぼさのロングヘア・・


多分男の子は画学生かなんか・・。


部屋に連れて帰り、恋人と世話をしてあげます


お腹もかなりすいていたようです


洗ってあげて、キレイにしてあげるとプラチナブロンドの美少年です


髪を切ってあげたり、服を貸してあげたり、絵のモデルにしたり・・。


3人の楽しい日々が過ぎていきます


で、彼は、画学生を好きになってしまったみたい。


で登場人物達は、心の葛藤に悩む・・。(三角関係っぽくなる)


でも、オチは、彼は本当は女の子で、政略結婚がいやで逃げて来た


どこぞかのビンボー国の王女だった。


思い出した・・


「男の子になりたい、男の子になりたいんだ・・」


主人公の恋人の膝にすがって泣くシーンがあったな。


でも、結局彼女は国民の為に政略結婚を受け入れ


 


彼らの前から黙って去ります


それをあとで新聞記事で知る、主人公


彼も彼女を愛していた事に気が付き外へ飛び出します。


そしてそこには、高級リムジンに乗せられ


静かに微笑み手を振る王女の姿があります


大島弓子氏の作品です・・・


読者の救いは、王女の結婚相手はとてもハンサムでやさしい男だった事


「何故王女はふさふさとした金髪を切ってしまわれたのだろう・・


私はそれをとても愛していたのに・・・」


という国王のお言葉までありました


少女達に、結婚は生活であり、恋愛とは違う事を教える作品でもあります


ローマの休日を彷彿させるお話でもありますね・・


モノクロ漫画なのに、最後のシーンは新緑の光にあふれています。


「すべて緑になる日まで」


今ぐらいの時期かしらん。


そのころ多感な少女(笑は禁止)だった私に印象的だったシーンは


多々ありますが、成熟した今、そこはくすぐったいので書きません。


最後の車の中の場面・・・・


 


282


 


長い前フリでしたが・・。(携帯の方、お疲れでしょう・・)


 


昨日そんなシーンでくわしましてん。。。


きのうな、ウチなサロンの裏口からでよってん・・


でな、自転車で敷地から降りよう思ったらな、車が信号待ちしとって


降りられへん・・・でもう一回駐車場を回っていこう思ったんやけど


その車の助手席にに「あの人」乗っててん。こっち見とんねん。416


しもた!旋回してる場合やあらへん!!!


と思ったけどな、もう信号変わってててん。


あかんやん、Vicさん。


でもな、私がサロンから出てな、自転車に荷物置いてな、車の真横来るまで


見てたやろな・・と思うと、ああぁ!!345


(見んはずないで、ウチのヴィジュアルきっついで?支店でも有名やもん80


あん時は二回も握手してもろてん、手も随分ふったし・・・


 


次回は逃さんで・・・


速攻名刺もって、突撃や・・・・ウフフ29


529


 


つながりは最後だけですが(笑)


今月燃えてんのに、さらにBURN UP!!です。


誰の事って?


この間の選挙の時、私を燃えさせてくれた方でございます。41


 


91今月、俺はやるぜ!!


自己最高記録を女王陛下のお嬢様にFAXするぜ!!


所長、ホテルの食事も貴女のお題目も私にはキカナイ・・・


尊敬する人達の言葉とそのお姿だけでけっこうです。


 


リビエラは一人で行ってください、ボ?ス。529


 


 


 

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。