スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒナは眠る。。。

20070625013722.jpg
  


二十日の水曜日、あの暑い日・・・・


開拓中のK町でスズメのヒナと遭遇


灼熱のコンクリートの白い海の真ん中にペタリ伏せてたその姿


手に乗せてみると、チーチーさえずりクチを開ける・・


とにかく暑い日で、私が携帯しているペットボトルの水もぬるんでいた


思わず、水を!思い、フタにそそいだ水をヒナのお口に!!


(飲みました・・・)


お腹もオシリもまだおハゲで、モチロン飛べません・・・


サロンに連れ帰り、事務員さんに箱をもらい仮巣に・・


 


その日は、掛かりつけの獣医さんが休みなのでネットで調べて


とりあえず、餌の仕入れにホームセンターへ


ミルワーム(ご存知ですか?小さな芋虫くんのたくさんはいったカップ)やら


粟やら、藁の巣とか・・・わからないので・・・


でも調べているうちに、野鳥のヒナは拾ってはいけない事や、飼ってもいけない事


それらは条令で定められている事・・・


やってもうた・・・


 


翌日、サロンの掃除をすますと朝礼とばして、即獣医、でもDr不在。


すると、アシスタントの女の子は困って


「高い木の上に置いてきてください・・。」というばかり。


今朝は餌を食べてくれないヒナを看て欲しかったのだけれど・・


教えてくれた保護センターは電話が不通、再度電話すると


ある犬、猫、鳥病院を紹介してくれました


電話すると、休診日なのにすぐこれれば開けて待っていてくれるという・・


すぐ、携帯を切ろうとすると


「貴方は、ここへの道順がわかるのですか?」


Drはあきれながらも、私に辛抱強く(笑)道順を教える・・・


 


あきれかえるサロンの人達を無視して、私はタクシーへ


隣りのK市のKまで、2?30分


ちょうどお腹が減ってきたのか激しくチーチー鳴きだすヒナ・・・


Drは、きちんと白衣をつけて待っていてくれました


私の持ち込んだ、ミルワームを、くいくいとピンセットを使い


クチバシに入れていきます


チーチー鳴きながらも飲み込むヒナ


器具を使っての粟の餌やりとか、あらゆる育児法を伝授してくれました


もう、一昼夜人間と過ごしてしまったヒナは親元にもどれないのです


つまり、私が巣立ちまで育ての親です・・・


調書のようなものをDrは書いていました


栄養剤や、補助食品、診察料は無料です


なぜなら野鳥だからです・・・


私は、Drに深くお礼を言って帰りました


プロフェッショナルはスゴイですね。


私の不安をすべてとり除いてくれました


そして、12グラムにも満たない小さな生き物を助けてくれました


帰り際私はDrに言いました・・・


「ウチには五匹猫がいていつも、スズメをバリバリ食べてるんです。


私が一羽助けても・・・」


と苦笑いすると、寡黙なDrも少し笑って、こんなのありますよ、と


『野鳥を拾わないで』のパンフをくださいました。


ぶっきらぼうだけれど、優しいDrでした。


 


ヒナは元気です、四日たちました。


三時間おきぐらいの餌やりも苦ではありません。


私は今時間に拘束されていませんし・・。


 


芋虫くんの頭をつぶしてヒナのお口に運ぶのも平気になりました


猫達も、不思議と無関心です。


 


でも、皆さん、野鳥のヒナは拾わないでくださいね。


巣立ちの練習中だったりする事もあるようです。


うちの子みたいな巣落ちのヒナも、母鳥が見つけて餌を運ぶそうです


(あの、コンクリートの海に?)


そういう時は、近くの茂みとかに寄せてあげるといいそうです。


アシスタントのコが言っていた『高い木の上』は


また、落ちますから・・・との事でした。


 


まとめ・・・


女は助けた男を忘れても、助けてくれた男を忘れない・・・


 


521チーチーチーチーチーチーチーチー521


 


 餌やり、三種の神器  20070625013630.jpg



20070625013813.jpg スズメ様の薬


 


 

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。