スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動く標的狙いをつけて

グラさん優作

故・松田優作氏・・・「蘇る金狼」より

 

58

 

リリーフランキーさんがあるTVでおっしゃってました。

好きな女性はの問いに

「女である事を楽しめている人。」

うん、良い事を言う。そしてこうも言われました。

「女の人って、他の女の人が女らしくしていると男に媚びてるんじゃないの?とかいうじゃないですか。男にとっては当たり前のことなのに。

僕らは松田優作さんが大好きで憧れて、マネをしても『あいつ女に媚びてるんじゃないの?』なんていわれないですよ。」

そりゃ、貴方、松田優作だからです!

松田優作は男性の理想郷の方であって、男の人達の偶像でしょ。

まあ、マネをした時代というのは、松田氏がハードボイルドな役作りをしているときのヴィジュアルで後年の作品のではないです。あれは劇画の世界でしょ。

あれ一般人にやられたら、女はひきますもん、男同士の和は保たれますよ。

ちょいと「男らしさ」の種類が違いますね。

「あいつ女に媚びやがって?191。」

と男子がいきまくのは、女子が本能そのままに熱狂するタイプ・・・。

大御所、木村拓哉様とか、若きジャニーズ多勢・・・、韓流系の「男らしさ」になりきろうとしてる奴がいたら、男子はムカつくでしょ。

女の本能は、あのヴィジュアルには行かないです。かっこいいとは思うけど、熱狂できない思う。当時松田氏もインタビューで語ってましたけど・・・バリバリ、ハードの頃ね。好きになるタイプもいるとは思うけど。私みたいな、松田優作になりたい女、とか・・。(笑)

インタビュアー「松田さん、おもてになるんでしょうね、かっこいいから・・。」

松田「全然もてませんよ。」

インタビュアー「なんででしょうね。」

松田「はたかれる、とか思うんじゃないですか・・・(笑)。」

・・・うん、思うよ。(笑)

私は女子にしては、松田優作氏のハードボイルド期にくわしいです。かなり、真面目に映画館に行ってましたから。ブラックレインも追悼で行きました。

私が、「蘇る金狼」で印象に残るシーンはラストです。

利用するだけしていた風吹ジュン演じる愛人に刺され、そしてその女をしめ殺し、腹部を刺されたまま逃走します。そして空港のシーン。エンディングテーマが流れ出すなか彼はまんまと逃亡に成功するのでしょうか・・・。俯瞰で彼が歩くのを後ろから私達は見ています。と、急にドタッと前に倒れます。がまたすぐに立ち上がり、すたすたと歩き出します。不死身なんでしょうか?

そして機内。シートに身を沈めた彼・・・。そんな彼の異常に気が付いたスチュワーデスが問いかけますが・・。

「君・・・ジュピターには、あとどのくらいで着くの?木星には・・・・」

目はうつろ、高熱に浮かされているような言葉・・・。まぎれもなく普通ではない様子に、スチュワーデスは慌てて誰かを呼びにさがります。

そして彼はそのまま絶命するのですが・・。超人的なヒーローがあっさり犬死するのはよくあるパターンですがやはり、胸に残ります。

太陽に吠えろ・・の有名な殉職シーンもそうですが。

後年いろんな作品に出られて、ハードボイルド時代とはまた違った面を見せてくださいました。

家族ゲーム___の家庭教師役はとても面白かったです。恋人の阿木曜子とのいちゃつき方とか・・(笑)

後年の松田氏は狂気を秘めた優男・・・を随分演じていて好きなものがだいぶあります。

松本清張の「断線」。かなりのTV異色作でしたが大好きで、再放送もみたりビデオも録画しましたね。

断線

本来はこんなナイーブな感じなのではないかと思うんです。女が身を捨てて愛さずにいられない、男の弱さみたいのがプンプンしてましたね。昔とは真逆の役どころです。

男らしさの権化みたいなイメージから脱却して自由にいろんな作品に出てましたね・・。

野獣死すべし

これは、「野獣死すべし」。もうハードボイルドコースからはずれておりますが、狂人的な主人公におびえる共犯者に若?い鹿賀丈、追い詰めた刑事も恐ろしい最後を遂げますが・・・。

このシーンは恋人に(といっても利用していただけ)銀行強盗犯である事が見つかり、平然と撃ち殺すところ・・・。お相手は雨音はショパン・・・の美人女優。痛ましい・・・。

松田氏の顔はとても優しい、女性的な顔です。奥さまも綺麗ですが、二人の息子は父似でこんなに美青年・・。

奥さまは、モデル時代から好きでした。松田氏とかぶってる?松田氏が、高校生の奥さまをバイクで学校まで迎えに行ったというエピソードを何かで聞きました。

龍平

松田龍平君・・・。素晴らしい遺伝子の融合・・。80

翔太君も素敵ですが、龍平君のこの目の離れ具合が好きです・・・。あと唇がお父さんにそっくりですね。

 

 

 

 

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

相変わらず目と目の間が離れた男が好きねぇ~(笑)。

気がつくと、目が離れ気味・・・。

なんなんでしょね・・・。
ガイチ以来、ずっとですな。(笑)

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。