スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷だらけのプリンセス

ブログの為に 611

 朝顔のまだ咲き残る、踏み切り

 

223

 

泰葉が壊れてしまっているのは、誰が見ても解ります。

私は、あぽかりぷすさんのブログで記者会見映像を見るまでは、この騒動を知らなかったし、こんなに泰葉が追いつめられている事も知らなかったんです。

ひとりぼっちの記者会見。

男性から見たら、はた迷惑でクレイジーな女かもしれない。会見では、声は上ずり、言ってる事はまとまりがなく、けなしたかと思えば、誉めちぎり、しまいには泣き出す・・。

恐ろしい数の脅迫メール、電話での異常なやり取り・・。小朝も、ヒドイ女に引っかかった・・・と男達は小朝に同情しているに違いありません。

会見を精神科医が分析してくれてるとうり、彼女は小朝に未練があるようです。

彼女をを苦しめ、鬼に変えてしまったのは小朝にたいする執着だと思います。

支離滅裂な会見のようで、聞いているとよ?く彼女の気持ちがわかってきます。

泰葉は、小朝にスルー、つまり無視されればされるほど、荒れ狂う。あんな鬼と化した女をまともに相手にできなくなるのは当然の事。無視される、自分を受け止めない、関心を持たない男なんて、憎みたい、嫌いになりたい、抹殺したい・・・・・

それが、「切腹しろ!!」との発言になるし、「金髪豚野郎!!」等の罵詈雑言となっています。

なんとかして嫌いになりたい、こんな悪い奴なんだ、と思いたい!!あれもこれも!と間違い探し。

母親を「ゲロ」と20年間呼び続けたというけれど、もし本当なら最初の一回めの時に抗議してやめさせるべきでしょう。今さらねぇ・・。

セックスレス、小朝の風俗通い・・・女として扱われなかった事への恨み、悲しみ・・・。

「林家一門のお嬢さんではなく、女の子として扱ってほしかった・・・。」

なんてずいぶん時効な発言だけれどね。(20年の結婚生活において)

それと彼女を苦しめているのは、林家一門のプライドもあるみたいです。

「小朝は林家一門を利用した。」

との発言も今更な感じだし・・・。小朝は、当初から天才と言われていた噺家で、べつに林家一門の力がなくても・・・でもコネクションはあったほうがいいのかな??

会見で、泣きながら、小朝の高座を絶賛し、園朝の名を襲名して欲しいだの・・・・

夫としては、男としては軽蔑するが、落語家としての小朝は本当に尊敬しているみたいです。

手負いの雌猪もこれでスッキリできたでしょうか?

うちの母などは、ハッキリ

「小朝が悪い。」

と言い切りました。(笑)

賢い小朝は沈黙を守り、売られたケンカを最後まで買いませんでした。

さすがです。惨めな醜態をさらしたのは泰葉だけです。でも泰葉は、泥まみれになってもがきながら、自分なりに答えを探していたようです。執着を断ち切りたくて自分をどんどん鬼に変えていきました。

「これが私の本当の姿だ!!これでも結婚できたか??」

と小朝に言い放つと

「無理だ。」

という小朝。このやり取りを笑いながら言う泰葉は痛ましく、哀れです。脅迫メールを笑いながら語る泰葉も、自分の奇行を笑うしかなかったのではないですか?

 

鬼に変えてしまったのは、小朝にも原因があります。

愛には常に力関係があり、泰葉は小朝に破れました。天才を愛してしまったから・・。

小朝に普通の男っぷりとか、雄としての振る舞いを求めるのはナンセンスで、彼を愛したら、天才を支える内助の功に徹っするべきだと思う。小朝は私にはアンドロギュノスに思えるし・・・。

自分の女の部分は捨て(淋しかったら、あるいは他に愛人を持つとか・・きっと夫は奨励してくれる)ただ、天才の夫の成功に尽力をつくすべきだと思う。いいパートナーとして支えたら、感謝され、必要とされなんて妻としては幸福・・・。これはキレイ事か?(笑)ワタシだけ??

泰葉に今必要なのは、故・林家三平師匠かも。

降霊して泰葉を抱きしめてあげて欲しい。

「お父さんは、お前を愛しているよ。だからお前はもっと自分を大事にしなさい。」

ほんとは小朝がやるべきなんだけどね。フツーの男の甲斐性は持ってないんだよ、きっと。天才だから。(笑)

泰葉のデビューしたとき、かわいかったけどな80

女はきちんと、愛されていれば、鬼になんかならないんだけどな。

それにしても、公共の電波を使ってまで自分のモヤモヤをハッキリさせる事はないんじゃないかと思います。

泰葉のこの我の強さは兄弟イチのようで、ある意味父三平の偉大な遺伝子は、彼女にあったりして・・。

 

 

 

 

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

先ほどテレビで、泰葉と親交の深いやしきたかじんが、
泰葉との電話で「母に早く病院に行きなさい」と
言われてるとか言ってました。

まあ、泰葉は小朝のこと好き過ぎなんでしょうね。

キューピーには気をつけましょう・・・

そのようですね。

女同士の会話では、小朝は女(など)に興味などないのではないか??とも言われています。

政略結婚的な要素があるとして、泰葉はあまりに純粋だったのではないか・・とも思います。

天才噺家を父に持ってしまった宿命か、小朝のような同じように天分を持つような男に引かれて仕方がない。同じ天才でも父は自分を盲愛したのに、小朝は自分を愛さない。ファザーコンプレックスの匂いもしてきます。

女達は、小朝のようなルックスを嫌いますが、どうしてどうして・・・。意外や、ああいう色白ポッチャリ男には要注意です。女のような肉体を持つ男は女には鬼門です。(ああ、恐ろしい)

でも親兄弟は見捨てても、彼女を気使う大人の男は存在するみたいで(やしき氏とか・・)少しほっとしています。母親は病院へ行け、と言っているそうですが、一番いいのは、泰葉が小朝を越える事です。

歌でもなんでも超えればいいと思います。
何かを始めるべきです。もっと、自分のエネルギーを有効に使うべきですよね。

そうそう、私は泰葉と同じ年ではなく、彼女はひとつ姉さんでした。訂正いたします。(苦笑)
非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。