スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春の輝き

見た事ある光景・・・・

そう、「スタンド・バイ・ミー」じゃない??

リバー・フェニックスはやはり、壱成かしら・・・・(笑)

 

生い立ちも似ている気がするわ・・・

 

 

58

 

 

 

ワタシは、野島伸司作品には「呼ばれた」事がなく、したがって知識は一般常識レベルです。

一世を風靡した脚本家でありますから、たまにドラマをチラ見した事はありましたが、きちんと見た記憶がありません。

野島伸司作品というと、どうも描写が過激でグロテスク、といった印象が強く、女子供や弱者は常に虐待されたり性的暴行も受け、イジメにも合い、性倒錯あり、近親相姦あり…大人は常に異常で残酷で、善人はいても無力・・・・。

そのくせ、常に主題歌は懐かしく美しいものばかり持ってくる・・・。

「一つ屋根の?」のチューリップはともかく、「高校教師」で森田童子が使われたときは、さすがに驚きました。

それにキャステイングの豪華さといったら・・・それでも見なかったんですけど。

で、いまさらVicの奴、壱成見たさにDVDレンタルに日参してるぞ・・・・とか思わないでくださいよ。(笑)

そんな事ないんで・・・。うふふ。

今ね、カーペンターズにはまってしまってます。

もともと、カーペンターズは一般レベル的に好きで「スーパースター」が一番、次が「雨の日と月曜日は」が二番・・くらい。あとはBGMとしたら何でOK。でもCDは一枚も持ってないレベル・・(笑)

(でもカレンの悲劇的な晩年も知っているし、社会的な評価も解っているつもりです。)

そして今、繰り返し聞いているのは「未成年」にテーマとして使われていた「青春の輝き」です。

CDもちゃんと二枚購入しました。おほっ185

カレンがもっとも好きだった、という名曲ですが改めて聴きますとほんとうに素晴らしい曲です。

未成年の頃のワタクシは、一応ロック少女のつもりですから、カーペンターズ??ええっ!!

青春??輝く???コッパズカシイッ!!まあ、素直には聴けないお年頃・・。

まあ、こういう内容はコムスメ時代には無理でしょう。青春も過ぎ、大人としてコケもはえ、成熟を目標に日々生きる現在だからこそ、うんうん、と首も立てにふれる。

「青春の輝き」・・・いい言葉ですねえ・・。まあ、青春のさなかにいますと、そんな余裕はないんですけどね、実際。(コドモはコドモなりに必死だから・・・。)ただ、この曲、訳詩を読みますと、「青春の悩み」ともいうべき、重い、そして味わい深い詩なんですよ。

 

ちょっと書きますけど、長いから読みたい人だけ読んでください。

これ自分のための覚書ですから。

 

I NEED TO BE IN LOVE

The hardest thing I've ever done  

Is keep believing

There's someone in this crazy world

For me

The way that people

Come and go

Thru temporary lives

My chance culd come and I might never knou

I used to say no promises,

Let's keep it simple

But freedom only helps you say

Good-bye

It took a while for me to lean

That nothin' comes for free

The price I've paid is high enough for me

I know I need to be in love

I  knou I've wasted too much time

I know I ask perfection of

A quite imperfect world

And fool enough to think that's

What I'll find

So here I am with pockets full

Of good intentions

But none of them will comfort me

Tonight

I’m wide awake at four a.m.

Without a friend in sight

Hanging an hope but I'm alright

 

 

260

「青春の輝き」

今までやってきた事で一番難しかったのは

信じ続けること

この異常な世界のどこかに私を愛してくれる人がいると

通りにはかりそめに生きる人々が行ったり来たり

私にも愛されるチャンスが来ないとは限らない・・・と思ったり

約束なんていやよ、あっさりした関係でいましょうよ

なんて私はよく言ったけど

自由なんてものは あなたからのさよならを早めただけ

そう気が付くまで時間がかかった私

タダでは何も生まれてこないと 十分すぎる代償を払って気付いたの

わかってる 私は恋におちるべきね

わかってる 時間を無駄にした事を

完全無欠の愛を求めるなんて 私はなんておばかさんだったのかしら

それが見つかると思っていたなんて

今 私には たくさんの夢や望みがあるけれど

今夜はどれもひとつも私をなぐさめてくれない

朝の四時だというのに寝つかれずに

友達もいないまま 希望だけにすがりつく

・・・でも

私は大丈夫

 

対訳/小倉ゆう子氏

241名訳ですね・・・

 

 

 

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。