スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校教師といいますと・・・・

ブログの為に 631 

高校教師、ダニエレ・・・・

ふるえる陶酔、甘美な憂愁・・・とは写真集の賛美の言葉・・・・

悶絶の禁断の愛・・・

(おませなVicさん、17歳・・)

 

261

 

野島伸司作品の「高校教師」の当事の人気は知っていました。

友人に熱烈な真田広之のファンもいて、ドラマの状況も耳に入ってました。

でもワタシには、高校教師といえば、これ1972年仏映画「高校教師」です。アラン・ドロン主演・・。

(今の若い方には彼のに人気のすごさはピンとこないかも知れませんが、とにかく現在のヨン様とか木村拓哉以上のスゴイ人気があったんですよ!!)

心に深い影と傷を持った、すさんだ高校教師が、赴任地で同じく心に傷を負った少女と愛しあうのですが・・・いろんな障害が二人の邪魔をする・・・

まあ、古今東西、普遍のテーマですね。

まあ、ドロンも渋いですが、相手役の女の子、いえ女ですね・・・がすっごく妖艶なんですよ。

とても日本人じゃ太刀打ちできない感じのムードで・・。あこがれたんだよねぇ・・。

ソニア・ペトローバといいます。

022.jpg 

当事、我々女子高生は、可愛いより、いかに「オトナっぽく、色っぽく・・」がテーマだったんですよ。

今の幼児退行型とは違うんですよね、時代が。ストッキングの色とかグレー系でオトナっぽく決めたりして・・・もちろん制服のスカートは長いのがベストね。(桜塚やっくん、参照)

ああ、物憂げなムード、黒のタートルがまた素敵でした。名前はバンビーナ・・・。

彼女の母親は娼婦なんです。で、彼女も、赤いスポーツカーなんぞで学校に迎えにくる、金持ちの男と付き合ってるんですが恋人というより、娼婦のように扱われていて、なんだかお金だけの関係みたいです・・・。

よく豪華なパーティシーンが出てくるんですが、彼女のプライベートのヌードフィルムなんぞ仲間うちで流されたりして彼女は彼やその仲間に傷つけられます。

ダニエレは本当は名門の生まれなんですが、なにか訳があって今のようなすさんだ暮らしをしています。

かつて他の男から略奪した妻への愛情もさめ、浮気する妻を止める気力もない・・・。

でも二人は出会い、愛を育て、新しく生活をやり直そうと街を出ようとするのですが・・・・・

残酷な結末が二人を待っています。

古いフランス映画なんですが、やはり仏映画ならでのオシャレな感じがたまりませんでした。

サイケデリックなパーティもありました・・・時代ね。で、かっこいいオトナの女がダニエレを哀れんで言う言葉、いまでも覚えています。

(このときのドロンなんて、もう、今のワタシにとっては男の子見たいな感じだわ。年を取るって素敵ね(笑))

「貴方は水瓶座の男・・・愛を求める淋しい星ね。」

ダニエレとバンビーナが、とまどいながら少しずつ少しずつ接近し、理解し合い、結ばれるまでがすごくいいんです。二人とも愛に慎重になっていて(たぶんお互い、自分を卑下していて自信がないから)、でもお互い気になって仕方がない・・・。

ブログの為に 633 

二人でマリンショーを見ているところ。観客は他にいない。バンビーナの黒髪の素敵な事。

ブログの為に 634 

やっと結ばれる二人・・・よかったね80

(でもトレンチコートの下ってかなり薄着だったのね!!)

 

274

d0044.jpg

こちら、野島伸司作品・・・

 

d1047.jpg  

こんなのもありました。

ef074c32-s.jpg 

これもありましたね。

 

11227788.jpg

 

やっぱ、ワタシはこれぐらいでないと・・・・・だめだわ・・(笑)

なんか、日本版のセンセイ達はいたいけな感じがしますね・・・・。

 

239

 

えっ、女教師映画の話??そのうち探してみましょう。

ブログの為に 350 

それでは皆さん、それまでいい子にしていてくださいね。

_____Sister Victoria先生の・・・放課後 職員室にいらっしゃい80_____

 

(ハードゲイのタカムラ先生とお待ちしています)

 

なんちゃって。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。