スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアよ、ワタシを笑うがいい・・・。(笑)

ブログの為に 653

昨日、コンビニで入手・・・

へえ、まだあったんだね・・・・立ち読みした後、ちゃんと買いましたよ

元、書店員の名にかけて・・・(笑)

一応、お菓子や卵やキャットフードと一緒にね(オッシャレ?なファッション誌も入れた・・・229

さすがに単品で買うほど、勇気はないですよ(笑)

 

265

「女性自身」、買いました。

まんまと、メディアの思惑通りのワタシではないですか?

芸能ニュースって何?って、ワタシは言ってましたけど、すぐ気付け、ワタシ。

ワイドショーにおいては、視聴率を上げるため。

週刊誌においては、雑誌の販売部数を上げるためです。

人間性を試されるのはワタシの勝手、とにかく数字ですよ。手段は選ばずです。

当然ですが、ワイドショーと独占スクープの発売日は一緒です。ワイドショーと芸能週刊誌は運命共同体ですからね。

 

今回の壱成のトラブルの内容なんて、「二股」「妊娠」「自殺未遂」の3つのキーワードで間に合うと思っていたのですが、一昨日、ネットでAさんの手記や壱成の謝罪文の一部を読んで、内容的にがっりしてしまい、ワタシが上げたコブシの置き所はどうしたらいいんだろう・・・と思ったり・・。

買っちまったよ、女性自身編集部。キミ達の勝ちさ・・・・。

買った理由。皆さん、ワタシにがっかりするかも知れませんが・・・・?

_____Aさんが撮った、壱成との2ショット写メが異常にカワイイ・・・から。

80もちろん壱成のほうがですよ。Aさんもカワイイ系オーラ炸裂です。モザイク処理ですけど。絶対カワイイと思われます。(悪くいった罪滅ぼしのお世辞ではないよ)

「そりゃあ、壱成が選ぶヒトですから・・・。」

とはある知人のお言葉。ほほう。

あと、二人の愛のアホアホメール(202)の公開や、壱成が「女性自身」に寄せた謝罪文は価値があります。ワード打ちですが、サインが本人なんですかね、やさしい書体で入れてありました。

ワタシの私的な見解では、「またもやはめられたお人よし、壱成」「人を疑えない純粋な壱成」「芸能人と結婚したがりの狡猾なAさん」「つまらない独占欲で一人の男を再度泥沼に沈めた女・・・愛はないのか」「無力な弱小事務所」「故意に壱成をつぶそうとする何かの圧力=不当な処分」

ほとんど壱成びいきな見解でした。「二股ぐらいで騒ぐんじゃないよ。」とか、コワッ、Vicさ?んっ!!

でも読んでみると、ワタシがAさんにやや、同情的になるくらい、記事が良く出来ています。どういう人が書くのでしょうか。(笑)うまい、巧みな文章。(ズルイともいえるかな・・・)

ただ、疑問は、情報はどのように、女性自身にたどり着くのか?Aさんが、リークするのか、仲介者がいるんでしょうか?ほらね、意外とわからないシステムがまた出てきましたよ。

(ワタシはシステムにウルサイですから・・・笑)

はじめ事務所に電話したのはAさんで、きちんと事務所の人を入れて話し合いもしています。場所はカラオケボックスです。二人で出た所が撮影されていると言う事は、事務所との話し合いはすでに、女性自身サイドが知っていて写真は撮られるべくして撮られたんだと思います。ツーショット写真は、事件にリアリティを持たせます。

もうココのあたりが胡散臭いですが、Aさんがまず、女性週刊誌にリーク、あとは掲載しやすいように段取りしていったとしか思えないんですけど・・・。

女性自身側は、Aさんとの交際の確認をするために壱成の事務所に電話する・・・

そして届いたのは、壱成から誌にあてたFAXによる謝罪文です。これも、今回の記事の大目玉です。これがないと、今回の事は、Aさんの壱成に対する妄想や狂言のようにも取れてしまうと思います。

Aさんは一般人ですし、交際も三ヶ月程度ですから芸能レポーターも知らないかもしれません。それほど、現在の壱成がマークされてるとは思えないからです。

現在、残念ながら、彼のポジションはかなりマイナーな場所にあるようです。

 一部のファンからの熱狂的な支持はあるものの・・・。マニアックなエリアになっています。

ところで、通常謝罪とは、本人にするべきものですよねぇ。でも女性誌に対しても騒がせてすみません、とわびるのは大変ですよ、この世界は・・・。????

つまり、本誌が確認の?を事務所に入れたというのは、こういう記事を載せますけどいいんですね・・・写真もカラオケボックスで撮りましたよ・・・・・・¥¥¥・・・??・・・ああ、コワイ・・。

想像です・・・(笑)こういう駆け引きはあったかどうかは・・・。

で、練りに練った謝罪文が「女性自身」に・・・・・・・・。Aさんと、女性自身両方に許しを乞うような内容が不憫です。でも、言い訳もチラリ見えかくれ・・・。言い分はもっとあるんだろうなぁ、壱成側にも・・・。

フェァじゃないけど、そういう世界だからねぇ・・・・。

女性週刊誌と結託する、関係のこじれた女と対するくらい、恐ろしいものはないでしょう。夢ならいいのに、と思ったろうな・・・。

 

女性自身は、さも弱者の味方のように上手に記事を編集しています。中立の立場はまず、とらない。とったら売れない。壱成が悪くないと、部数は伸びない・・・。

ワタシも読んでいると、Aさんがなんだか可愛そうになってくるんです。Aさんと壱成は幼なじみであり、壱成はAさんの初恋の男の子です。

二十年前からの知り合いで(出会いはなんと、中一と小三ですと・・・)母同士が仲良しで、八ヶ岳時代の壱成のもとへ頻繁に遊びいってたらしいです。淡い初恋は、壱成の海外留学で途切れる・・・。帰国して、バンド結成・・・石田純一の隠し子騒動、ドラマデビュー、そして壱成の黄金期、野島ファミリーと呼ばれた一時代・・。

Aさんは、17歳でデビューした壱成をず?っと遠くから見ていました。(泪壺を地で行くような片思いか?)

そして薬物所持による逮捕、結婚離婚騒動・・・そして活動再開、そして川合千春との交際&同棲・・。

そして、あるイベントで二人は再会。声を掛けたのはAさんから。そのときは壱成と川合との関係はゆるぎないものだったそうです。今にして思えば、その時、電話番号を入手している壱成ではある・・。229

その後1年後壱成からAさんに電話が入る。2008年、10月頃・・。

電話の最初から、壱成は川合とうまくいっていない・・とほのめかしていたそうです。すでに川合から別れ話があって、ただのルームメイトになっていたとも・・。1ヵ月ほど、メールと電話のやり取りが続き、箱根初デートで告白し合う二人・・・。そのとき、壱成の母に電話を入れてるそうです。

「Aと結婚を前提に付き合う事になった。」     (おおっ!!)

二人はその夜渋谷のラブホで結ばれる。その後、二人の蜜月は続くのですが、12月7日、壱成の誕生日以降どうやら異変が・・・。そして10日以降、壱成とは会えなくなったそうです。そして、身体の異変・・・。

妊娠の兆候です。好きな人の子が産める、とAさんは嬉しかったけれど、早い妊娠に不安はあった・・・。壱成に電話すると(そのとき北海道にいた)動揺しながらも嬉しいと言ったそう。翌日、産科の診断結果「妊娠の兆候あり」と診断されて喜んで壱成に電話すると、

「やっぱりできていたか・・・。」

と暗く沈んでいた・・。その後、電話しても出ないし、電話ください、のメールがあって電話しても出ない・・・

(連絡が取れなくなった・・・とは言われてますがメールは来ていたようですね・・メールだけというのは、関係は続けたい、会うのはコワイの気持ちの表れ・・?)

Aさんは、壱成が川合さんと切れていないのでは?と感じたそうです。事実、川合はAさんの事はまるで知らなかったそうです。「結婚に絶望」したAさんは、中絶を決意。

映画の撮影中の壱成を気遣い、「流産しました。」とウソのメールをする。すると久しぶりにメールが来る。

「大丈夫?」

メールは来るけど、電話連絡は取れない、不安定なAさんは三回の自殺未遂を図る。

状況に耐えかねたAさんは、自分から「別れたい。」とメール。そうすると、ようやく電話が入る。

「今はそのタイミングじゃない。」

とか自分のことしか考えていない壱成に

「流産じゃなくて、ホントは中絶したんだよ。」

と話すと

「そうだったんだ。」

とそれだけ。

私がどれだけ彼に会いたくて、悩んで、辛かったか、まるでわかってない。さすがにあきらめがついたそうです。当初、影で支える気があったAさんも支えるのがばかばかしくなったのかも知れませんね。自分を完全に抹殺してまで尽くす気は起きなかったんでしょうね。

まあ、この後は、露呈している修羅場ですね。カメラマンのスタンバイしているカラオケボックスでの話し合い、壱成の土下座・・・・。でも不思議なのが女心で、Aさん、誕生日に渡すはずだった一点もののライターを最後に渡しています。あと、写メやメールを取っておくというのは、なんだかAさんも完全に吹っ切れてはいないのか・・・。あとで週刊誌に売るための証拠物件として残す必要があったのかもしれないけれど。(みもふたもないケド・・)

ワタシが、あっ、と思ったのは「壱成、タバコ吸うのか・・・。」と言う点かな。意外だった。

タレントのイメージなんて、一般人が勝手に作り上げてるものなんだよね。

女性誌とのタッグがちとうさんくさいけど、Aさんの言う壱成のこずるさがなかなかリアル。

まあ、ほかに女があるとき、それを知ってる女を口説く時は、その女といかに冷え切っているかは力説するもんですよ。だって相手をまず、安心させなきゃ・・・。でも、男女関係なんてすごくあいまいで、ひょんな事で盛り返したりするし・・。当てにならないのよ。バースディあたりがなんかあったクサ・・・。千春との愛の再燃とか?

ワタシだったら、まず疑うけどね。だって一緒に住んでちゃなぁ・・。俺はソファで寝てるんだよって、またまたAさんの同情引こうとこうしてやだわ、壱成・・(笑)

謝罪文も良く出来てますが、「お互いの意識と時間のズレがこういう事になってしまったすべて・・」とか「世間様でいう二股になっていた状態になっていた事も事実です・・」とか、なんかムカツクな・・・(笑)小奇麗にまとめちゃってさ・・・。

やはり、Aさんの逆鱗に触れるのは、きっとこんな事。

早い妊娠をうけて・・・

「・・・僕も早いよ、と思いました。ですが、僕は腹をくくったのも事実です。前に進むべきなんだと。でも僕がそう思ったときには彼女のなかでは何かが吹っ切れていた様に思います。」

あなたが、きちんと会わないからムリクリ吹っ切ったんではないんですか?それに、早いよって、射精した貴方があってAさん受精してるんですけど。

でも子供を産もう、という気はなかったんでしょうか?まだ二ヶ月にもなっていないんだから、少し時間をかけて話し会ったらよかったのでは、とも思うんです。結婚しか、アタマになかったんでしょうか?

結婚に絶望して、中絶した・・というのはそんな風に考えてしまう。

メールばっかじゃだめなんだよね、ちゃんと会って話さなきゃ・・・。結婚前提ならなおさらでしょ。

なんか、Aさんに甘えすぎてる感じがした。年下の女の子なのに。

なんか普通の若い男女のすれ違いのドラマみたい。かわいそう。

写メの壱成が幸せそうで、ひょっしたらホントに結婚したかったのかもよ、とも思う。(カラオケボックスで言ったように・・・言ってることがめちゃくちゃとかAさんには言われてしまったけれど・・・)

Aさんも、壱成好きすぎて、暴走しちゃったんだろうなぁ。お互い、夢のような3ヶ月だったろうに・・・。

壱成のお母さんと知り合いなんだったら、相談できなかったのかなぁ・・・。

泥沼な別れ方はお互いつらかろうと思う。いずれ時間が風化してはくれるけれど。

・・・・・しかし、壱成・・・。謹慎はもっとつらかろう・・・・・。

たぶん、これからもたくさんの女の人が関わるんだろなあ、人生に。ブログのコメント、いまだに大好きコールがスゴイもん。こんだけ、ファンの庇護本能をかきむしる芸能人も珍しいんじゃない?スゴイよ、愛され度が・・・。

たぶん、未成年の屋上シーンとリンクしちゃって、刑事に屋上で殴られて拘束される戸川あたりとだぶってしまっているのでは・・・?あれ、先に戸川が刑事殴ってますから・・・公務執行妨害です。274

・・・・で、いまだ聖者と未成年の人気衰えず・・タイムリーに「一つ屋根の下」があったのでそれも・・・。

みなさん、ナイトキングやサムライゾンビも見ましょうね。応援コメントした人、できれば全員行ってください、あるいはDVDを買うとか・・。購買行動もとっても大事ですよ。

 

・・・・恋愛って夢中な時は第三者から見るとマヌケな事があるけど、それが恋愛だよねぇ。

確かに二人は恋をしていたのは解った。壱成も「心の妹」と言っていた。セックスしなきゃよかったんだけど、心の妹だったら。はい、はい、男と女の仲の事だから?・・・わかりましたよ(笑)

ワタシはそういう感情に疎いんですよ、水瓶座のせいか・・(笑)そんなさっぱり感が女子に好評。

 

無理かもしれないけど・・・・少し、肉体愛から離れて、精神愛とか考えてもいいんじゃないかなぁ。壱成って、すぐ恋愛、すぐ同棲、すぐ妊娠、すぐ結婚、すぐ破局・・・。なんか、相手の事軽く見てないか?で、すぐ女に捨てられるし・・・。

きっかけは壱成からが多いみたい。愛されぐせが付いていて、壱成がその気になったら落ちない女はいないのかも・・・。

心の中でずっとためていて、心の中で好きでいます・・・。なんて事はないのかな?

そこまで尊敬できる相手は、恋愛対象にはしないのかなぁ・・。「カワイイ」がスタートなだけのような気がする。相手にも失礼だよ。

お互いを高めあい、尊敬できる相手との出会いが彼にまたありますように・・・。どうせ女がらみなしでは生きられないタイプのようだしね。なんか石田純一の遺伝子がどこに眠っているんでしょう?

石田純一は惚れた女には絶対汚い事はしない、死んでもできない気がする・・・。

それは石田純一と亡くなった石田純一の母親との関係に関わってくると思う。

壱成の場合も実母とのの関係が、大きく関係してくると思うんですね。壱成の性癖に関しては・・。

今回、川合さんにすごく失礼な展開になっていますね。迷惑もかけているし。

 

ブログで環境問題とか、なんかコギレイで抽象的な事を語るより、きちん自分の環境を整備したほうがいいよ。まず身の回りの事をきちんとしてから地球の事を考えてもいいと思うよ。

それと、・・・・野島氏を絶賛した後、___説明のいらない、作品がすべてを物語るアーティストになりたい!!というのも甘いなぁ・・と思ってしまった。

なんでもいい、アウトプットはなんでもいい・・・・って何?

(アウトプット調べちゃったよ・・・実績や結果だって?もう、けっこうインテリくんなんだから・・・179

何をしたいか決まってないのに、何を作り出そうというの?

・・・・・・ただアーティストとしての生活や肩書きにあこがれているだけなんじゃないの?

行き先が決まらないと、旅には出れないよ。まあ、ワクにはまらない生き方がしたいのかも知れないけど。

なんだか、ふわふわ漂っているだけみたいに見えるよ。(人の事はいえないけど、ワタシはパンピーです・・笑)

考え方が子供っぽすぎるかもね。もう、34歳だしなぁ・・・。

 

190 ワタシ、子供っぽい肉体にオトナの頭脳と感性・・というのがセクシーに感じるタイプなのよ。

えっ、コナンが好きかって?うぐぐ・・・ノーコメントよ・・。

でもアレね、ワタシもやっぱり壱成が好きみたいねぇ・・・。80毎晩こんな事、あんな事、ブログに書いてるんだから・・・・・。

まだまだ「いしだ壱成を探す旅」は続くのだった・・・・・。うふふ。

 

あ、そうそう!!実質、壱成は今フリーですね、♀の皆様ヨーイ、ドンッ!!

でも皆様、ピンクのお帽子は忘れないでね・・・。騒ぎの元だからっ!!もしイヤダといったら、小一時間も説教をしてあげてくださいませね・・・。しかるのも愛なのよ・・・。

265

 

以上、女性自身を読んで、感想でした・・・・239

長くてすんません。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。