スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府公認の・・・・アレ

この無防備さは、感動的ですらある・・・・

そしてその至福の表情

お母さんはまだそこにいる・・

親離れするまでもう少しの間

お腹いっぱい、もうおっぱいは飲めないよ・・・むにゃむにゃ・・・

とでも言っているの?

 

274

 

彼らには、天敵はいなかったのだろうか

18世紀にヨーロッパから、たくさんの白人達がやってくるまでは・・・・・・

本来なら、容易に人間の立ち入る事の出来ない厳寒の氷の王国の住民達・・・

人間によるアザラシの大量虐殺は、もう2世紀も続いているというのに

なぜ毎年彼らはここにやってくるんだろう?

 

 

_______日本でも、シーシェパードの妨害でニュースになったイルカ猟があった。

和歌山県太地市でのイルカ猟。

そこで、あるときイルカ猟を裁判で訴えた外国人がいたという。

イルカは頭がいい動物だから殺してはいけない?式の理論を展開したとき裁判官は言ったそう。

「そんなに頭がいい動物なら、なぜ毎年その入り江に殺されにくるのですか?」

ええ?ウソじゃない?・・・・これネタじゃないですか?この発言って、小生意気な中学生みたいじゃない?

・・・2ちゃんより抜粋。

 

彼らのコロコロした氷上での姿を見ると、まさに氷上ではあまり天敵はいなかったんだろうなと思う。北極熊がいるくらいかな。でも熊は、食べるだけしか採らないでしょう?商業目的ではないからね。

ただし、水に入ったらすごいんだろうなぁ。もう、ビュンビュンって感じかなぁ。あっ、それってオットセイかな。

 

このカナダのアザラシ猟はの近年の目的は、なんなのか?

いったん、1986年以降禁止されたものが復活したのは何故でしょう?

 

アザラシ猟のまあ、目的というか理由付けに

 

通常の漁では、充分な現金収入が見込めない漁業従事者のため、

生息数が増加したとされるアザラシ猟を許可している

 

ようするに、救助策なわけですね、漁師さん達への・・・。

2005年の記録ですが、

32万5000頭のアザラシの捕殺=漁業従事関連者1万5000人の収入=1650万ドル

一人頭で計算すると、1100ドル・・・

まあ、絶対格差はあるとしても、あまり高く感じないんですけど、助成金がすごいのかしら?

国が個人に支給しているお金があるのかしら?毛皮の売り上げ+国からの助成金・・だったら猟師さん達があれだけ燃えてるのも理解しようがある。

経済効果はあるとしても、1964年のカナダTV放送局の(身内からの告発!!)残酷画像から火が吹いて、カナダは世界中からバッシングされ続けているわけで、人道的な殺し方を猟師達に奨励したり義務付けたりいろんな策を講じてはいます。

でも、人道的な殺し方って、アナタね、殺しに人道的もくそもあるかっての。

世論が身に沁みるなら、猟をやめようよ、カナダさんよ。みんなそんなマニュアル無視らしいよ、保護団体はそういうところ見逃さないで撮影して、すぐウェブに発表しちゃうんだから。

猟師達にして見たら、ちゃんちゃらおかしいんじゃない?政府が世論に気を使って決めた小手先のめくらまし。

猟師達の手を血で汚させて、自分達は

「あれぇ、おっかしいなあ、ボクラ指導してるんだけどなぁ・・。」

とぼけててたらダメだけどなぁ。

 

そんなにしてまで猟を続ける理由は何よ?・・(大きな声でいえないけど、ノルウェーになんかあるのかい?)

昨日の記事で抜けてしまったのだけれど、猟廃止案を提出しようとした上院議員はこうも言っている。

アザラシの市場がなくなり、圧倒的な国際社会の反対の中、

カナダはこの斜陽産業をこれ以上復興させる事はできないと認識しなければならない

こういう声明が同じ国民から出るんだから、やはりカナダは自由の国だなぁ・・・感心。

これは、保護団体が言った言葉ではないよ。ちゃんとカナダ上院議員が国際世論に向けて言ったんだよ。

4月1日のブリュッセルの会議が楽しみだ・・。

これに先駆けて、カナダはかなり前倒しで猟を解禁したのかなぁ・・。数も増やして。

全面禁止になる前に利益を上げておきたかったのかな、少しでも。想像。

もうすぐ、バンクーバーで冬季オリンピックが開催されるね。

ある反対運動グループは、カナダのオリンピック委員会へ手紙を送ろうと呼びかけていた。

いいアイデアだわね、国は何より国際イメージを大切にするから。そこをつくなんて賢いわ。(ズルイともいう・・笑)

ましてオリンピックは聖なる祭典だもの。歴史に残る一大イベントだもの・・。

・・・・でも、あの中国でオリンピックしちゃうもんなぁ・・・。びっくりしたよ。何も見なかったけど。社食で野球見たかな。(そのころまだ社食使ってたんだっけ)

くさいものにはフタ・・式でいっちゃうんだろうなぁ。

きっと開催中は禁句なんだよ、アザラシとか、虐殺とか・・・。ボイコットとかあるかなぁ。(ミュージシャンは、けっこうカナダツアーをボイコットするね。心意気だね。)

でデモは徹底的に制圧されるんだよ・・・。でそれを世界に向けてで中継される。・・・妄想だけれどね。

アメリカ人はカナダの事を良く知らないらしいね。

ワタシ、カナダはアメリカの一部だと思ってました。(恥)

イギリス領だっけ?だれが偉いの?首相とかいるのかな・・・ああ、また調べるのん・・。

 

レベッカ女史もカナダのケベック出身だそうです。

 

本当に、あなどれないよ、反対運動って。

反戦運動はなかなか、はかどらないけれど、こういった運動はわりと浸透しやすいんだね。

いろんな人のブログをのぞくとね、2006年ぐらいに盛んに、アザラシ猟の反対運動していた人が、ここ数年はおくびにもふれない・・という現象あり。

別の活動に忙しいみたいで。アザラシから、身の回りの犬猫の保護活動にかかってたり、イスラエル問題に心痛めていたり・・・。

優先順位は決めるのは自分だからいいんだけれどね。

 

レベッカさんは、今日もカナダの浮氷の上に立っています・・・。ヘリの中かもしれない。

アザラシ猟がほんとうになくなるまで、彼女はそこにいるんだろうな。80

 




スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。