スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主なんか、もう、どうでもいいって感じなのよ?

180px-Edmund_blair_leighton_accolade.jpg

女王による、騎士叙任の儀式・・・・

(特に、意味なし、なんとなく179

 

246

 

今日は曇天・・・

近所の老婦人が亡くなったらしい・・。昨日、自治会の班長である母は、それを初めて知る外部の人間となり、慌てていた。家族だけで葬儀を行うのがご本人の遺言とかで、母はなんと口外無用と頼まれたらしく、さらに慌てていた。が、翌日になって、そうも行かないらしく(互助会いわく)、改めて隣組結集・・・。母は、兄を呼び出す・・。

久々に大御所登場。

「お兄さん、お久しぶりです。ご苦労様です。」

としおらしく挨拶をしておいた。(てへ)手土産の焼きそばおいしゅうございました。

そのご婦人とは、一昨年、隣組の弔問に行ったとき同席した。サングラスをかけ、毛糸のキャップを被っていた。(抗がん剤のためであろうと思う。)

奥さん、なかなか、遺言通りには行かないものですね。

 

 

224

 

忌野清志郎の死はしばらく世間を悲しませていた・・・。

親が彼に感心がない子供達は、何のことやら解からないだろうが、いずれ(キヨシローに)呼ばれる事もあるかもしれないし、呼ばれないかも知れないね。呼ばれたほうが幸せだろうとは思うけど(笑)

活動期間が長いし、そのときそのとき、やってることがいつも違うし、姿までが違う・・。

初心者には難しいかも知れない。でも、今はYoutube で軒なみ見れるし、音楽でも番組でも。

TV報道はどれもまとを得た映像と情報を流していたT思う。青山葬儀場では、たくさんの人達が行列していた。

尾崎豊を超える!!___という報道はちょっと待てよ、とは思った。尾崎と一緒にしないでよっ!!と思ったからなんだけれど数字がね、参列者のね!という事でまあ、許す。

ワタシは尾崎豊が好きではないもので。ただ、尾崎は死ぬ頃はレコード会社から見放され孤独だった・・・と何かで読んで可愛そうにはなった。彼のように若くしてカリスマに祭り上げられるとろくな事にならないなぁ・・しみじみ思う。だってさ、引き出しないうちに出しつくされてしまって・・。まだ子供で反抗しかネタがないんだから。学校壊すくらいしかできないお子様なんだから。

よくアーティスト達がもらす「オトナの事情」・・。つまりはお金だけれど。小室哲哉のように段階を経て成功した者だって足元すくわれるような世界なんだから・・。小室だってすっごく苦労してたんだよ。売れる前は・・。

キヨシローの生き方、死に方はまさにロックで、日本のロック史に残る生き様=死に様だったと思う。

いろんなオトナの事情を乗り越えて来たんだろうけれど。地獄も天国も見てね。

ヒデや、尾崎はやはり若さゆえ、未熟さゆえの痛ましさしか感じられない。

お通夜に杖を突いてきた恩師こと「僕の好きな先生」のエピソードはいい・・。

出棺のとき、なんとチャボに邪魔とかいいくさったどこぞのカメラマン。東スポではイニシャルで非難されていた。

まったく誰に物言ってるんだ!!それも、悲しみの底に沈んでいるチャボが最後の最後の別れの際に愛用のギターを捧げている時だったんだよ!!!

誰か、このカメラマン殴ってやってカメラ壊してやってしまうようなジャイアンはいなかったのかよ!!

えっ、ワタシ!?呼ばれてなかったから。

チャボは、キヨシローの大親友なのはみんな知っているよ。

「君が僕を知ってる」を歌う二人の間には誰も入っていけないわっ(80)RC時代は、ちょっとミックとキースみたいなビジュアルの時があったっけ。

去年の復活コンサートのとき、チャボが腕で涙をぬぐいながら嬉しそうにギターを弾いてるのを見たよ。自分はただの黒い衣装で・・。

弔文を読んだ、竹中直人はかなり酷評されていたけれど(ワタシもほとんど見ていない)、まあ仕方ない。べつにキヨシローはそんな事気にしないよ。あれはプログラムを消化しているだけだよ。もうひとりのニイサンもどうかと思ったけれど(笑)、別にき、気にしない。(笑)

君が僕を知ってる・・・・・きっとそう思っている。

 

この生き方は、友情や愛を信じられないとできない。愛し合ってるかい?なんて言われても

「えっと、今のところはとっ、特にフツーです・・・。」

とか(笑)言ってしまいそう。

ワタシはこわい。愛されてる自信も愛している自信もない。

「ワタシがワタシを知ってる。」これでいい。

でもほんとは、チャボは身内過ぎるし、弔文は過酷だから、陽水とか、三浦友和とか、やってくれてもよかったのにな・・・とか個人的には思う。渋谷陽一とかさ・・・。

 

思いっきり余談ですが、キヨシロー顔というのがあります。

堺正章、近田春夫、間寛平、なべおさみ、りザードのモモヨ氏もじつはそうです。

才能ある人達ばかりですな。

 

 

チャボ見てたら、父が死んだとき、火葬場で一緒に骨をお箸ではさんだ、父の旧友を思い出した。

骨になった父を見て

「かわいそうに・・。」

と男泣きしてくれた・・。微笑んだ遺影を褒めてくれたのもこの人だけだった。

『「ああ、来てくれたのか。」とでも言ってるようだ・・』

その人は言った。実はこの遺影はワタシが選んだ。

叔父には、「口が開いてるなんて。」と不評だったけれど。

ロマンチストな父の友人。父もロマンチストだったから、相性がよかったんだろうね。

 

泉谷しげるの「死んだの認めない!!」っていうのも大人気ないと思う。子供かよ。雨上がりの夜空に、下手すぎだぞ。(笑)でも「黒いカバン」の原作者じゃ許す。(笑)

 

 

275

 

 

 

そう、これこれ。立派なネタですね!!最高です。「黒いカバン」のカバー(笑)ですね。

若い時のステージ(赤い原付)より、こっちのほうがいいな。老成したテクニックを感じます??。

おまわりさんのキャラが最高にイイです。

「えっ、まじで?まじで?」あたりとか・・(笑)


スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。