スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルドーだって黙っていられない

img674030ad8vpfdc.jpg

動物愛護の国、イギリスにおいてのTV番組収録(なるほどザ・ワールド)で・・・

神田うの氏、堂々のリアルファーコート着用

(彼女を批判するブロガーの記事から、2005年の画像です)

 

274

 

メディアは中立な立場だから、とくに彼女が毛皮を着ていても批判はしない。

今朝、「大好きな毛皮を着て・・・」とかの彼女の記事を見た。まあ、伊藤美咲の結婚がネタの記事だったのだけど・・・。

このご時勢に!と思い、検索をかけてみたら、出るわ出るわ。神田うの氏に対する、強烈な拒否反応や批判が!!

知りませんでしたが、彼女はリアルファーのブランドを立ち上げていて、なんと毛皮のファッションリーダーでもあるそうで・・・。

「うの」というとパンスト、網タイツ、ブラジャー、パンツ、それかウエディングドレスといったイメージがあって、毛皮もやってましたか。

すごい迷(名ではなく)言も言ったともそのHPにはありました。

「動物愛護は過去のもの、リアルファーが新しいファッション」

すごい!凄過ぎる!!大物ですね。よく公言できますねぇ。

これじゃバルドーも怒ります。

毛皮生産過程を知って、いろんな世界中での活動も知って、なおかつ発言しているのだとしたら、この冷徹さはどうのように培ったものなのか?

知らないでいる事はまあ不可能。動物愛護をまるっきりナンセンスだと思っているとしか思えない。

彼女あてのPETAの公開状も(ブリジッド・バルドーの署名付きですよ!!)無視できるんですよ!!

世界中にさらされても平気なんですよ!!

彼女はバカだから仕方ない・・という意見もありますが、ワタシは彼女をバカだと思った事はありません。

バカだったらあんなに次々ビジネス展開できるでしょうか?

よけいな情緒や感情を無視できる冷徹さ、合理的主義的な思考を持った人なのだと思います。

 

(でも・・・・本当に、彼女にそういう理知がイッサイなかったら、ゴメンなさい・・・・)

 

毛皮産業とコラボしている以上、業界を裏切る事はビジネスをなくすという事です。

まあ、そういう発言も業界がさせているのではないですか?

毛皮産業界のそしりを彼女がひとり最前線で受けてるのもかわいそうですが・・。

 

麻薬の売人や兵器の密売人に似てると思います。

完全にビジネスとしか見てないから、使用者が破滅する事も平気です。

(倫理やモラルを考えたら自分は食い詰めてしまいます・・・)

コチラの場合、生産のほうを無視するので逆ですけど・・。

 

_____だってお金になるんだもん、いいでしょ?_____

 

唇をかわいく尖らせて言いそうじゃないですか?

結婚式が趣味とか言って、何回も結婚式を挙げるのは自社ブランドのPRのためなんでしょ。

貴女を非難する人々は貴女の美しいウエディング姿に、血まみれの動物の死体を重ねて見ているんですよ、うのさん。

本当はキャリアウーマンの鏡みたいな人なのになぁ・・・・。働き者だし。

 

一方、杉本彩ネエサンは、ヌードになって毛皮反対を訴えた。こちらはフェイクファーのブランドを立ち上げました。

ワタシ的には、ウールが好き。

羊の毛は刈ってもまた生えてくるから、少し気持ちも楽かな・・・。

水鳥のダウンは、やっぱり殺されてむしられるんでしょ?

また生えてくるって話はないよね。

 

 

  P.S.  イッコーや美川憲一の意見が聞きたいところですね。

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。