スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「分福茶釜」をもう一度

ブログの為に 483

一昨年、群馬県館林市にて撮影・・・

当事、食品マネキンの仕事でよく訪れていました

ご存知「分福茶釜」の発祥地でもあります

 

270

 

昨夜、ほどよく酩酊したワタシは、寝る前のYoutube鑑賞になぜか、「分福茶釜」を選んでいました。

ここのところ、チャイニーズ・ラクーン(中国タヌキ)のことばかり考えているからでしょうけど。

で、どんなお話だったかなぁ、泣ける話だったか、八ッピーエンドだったか・・。

よく覚えていないし。

鉄の茶釜から、手足、頭を出したタヌキが傘もって綱渡り・・・・とうのがわりとポピュラーなイメージでしょ。

あと、ワタシ的には、タヌキが手ぬぐいをあねさまかぶりをして、ほうきで部屋掃除をしている・・というのもアニメで記憶があったんですよね・・。

で、日本昔ばなしが2種類アップされていたので、酩酊しつつも鑑賞。

初めに見た方は、絵もきちんとしていて、ドラマっぽくて涙腺をやられる・・・ううううううううう241

もうひとつのほうは、絵のデフォルメもギャグティストで、笑えるお話になってました・・・。

どっちが本当??

 

 

270

 

さあ、Wikipediaの出番です!!(笑)

「分福茶釜」

1394?1428年の住職だった守鶴が愛用した茶釜。

ご本家、茂林寺では、タヌキが守鶴という住職に化けて寺を守り、くんでもくんでも尽きない茶を沸かした・・・

    

 名前の由来

 

     243 福を分ける力があった釜

     243 火にかけるといきなり「ぶんぶく」と沸騰する

 

でも定かではない・・・。

 

・・・・・・・・・・・・別に、伝説だからいいんだよ。239

 

 

270

 

で、巷で広まっているお話としては・・。

 

その1  

 

骨董品好きの住職が、茶釜を買ってくる。

臭いから小坊主に洗わせると「イタイ、イタイ」という。

火にかけると「アツイ、アツイ」という。恐ろしくなった住職らは通りすがりのくずやの男に持って行ってもらう。

くずやの男は大喜びで持って帰る。

やっと自分にも運が向いてきたと、お頭付きの魚とご飯で夕餉を食べようとすると・・・

魚がない。

ああ、なんてことだ、やっと運が向いてきたと思ったらとんでもない・・。ふて寝しようと横になると

「ゴメンナサイ、お魚食べてゴメンナサイ」

見ると茶釜から頭と手足を出したタヌキが正座をして謝っている。

山で初めて化けくらべをして自分だけ戻れず、人間に見つかり道具屋を転々として3年とのこと。今さら、山にも帰れない。

タヌキの事情を聞いた男は、かわいそうに思い、ここにおいてくれと頼むタヌキをやんわりさえぎり、またご飯を出してやり「食べたら今夜はここで寝な」とやさしく声をかける。

タヌキは男の優しさに泣きながら、ご飯を食べる。(明かりを自分で消して、正座して食べる姿が胸を打つ・・・ううう)

朝起きるとタヌキは、まだいて男に提案する。

「見世物小屋を作ってください!私が芸をしますから!!」

見世物は多いに繁盛して男は人並みの生活ができるようになる。

2年が経ったころ、男はタヌキをもとの姿にもどしてあげようと、いろんな医者を訪ねたり、本を集めて調べたりする。

タヌキは今のままが幸福だ、今のままでいいという。男はもう充分してもらった、という。タヌキは淋しそうだ・・・。

ある日、とうとうタヌキも無理が重なったのか高熱を出して倒れる。

必死に看病する男と、病床のタヌキ。

「ぶんぶく、春になったら花見にいこうなぁ・・。」

男はタヌキのために甘酒をくみにそばを離れる。

「おじさん・・・。」

今が一番幸せだとタヌキは思い、涙し、そして死んでいく。

タヌキの死に号泣する男。

男は、はじめに茶釜をもらった寺に運び丁重に供養をしてもらった。

その茶釜は寺の宝となって今でも寺にある。

 

 

270

 

その2

 

山奥にある貧乏な人の来ない寺。

茶をわかして客にふるまえば、もっと人がくるかも・・・と住職は茶釜を買いに町へ。

お金のない住職は、安い茶釜を化け釜と承知で買う。

お茶は美味しいし、いくら飲んでも、湯がなくならないし

「いい釜じゃ・・。」住職はご満悦。

夜になって踊りだした釜に正体がばれるが、身の上話のあとに、住職にずっと寺にいていいよ、といわれ、タヌキは大喜び。

「お礼に芸をしますっ!」

タヌキの芸は大評判になり、それからは連日のようにお寺に来客があふれ、タヌキも住職も幸せにくらしましたとさ。

 

・・・・・・・・・・・・・泣きたくない人向きです。

 

 

その3

 

貧しい男が、ワナにかかったタヌキを見つけるが、不憫に思い逃がしてやる。

タヌキは夜、その男の家にお礼に現れて、

「自分が茶釜に化けるから、それを売ってお金に換えてくれ」

と、申し出る。次の日、和尚さんに売るが、釜は火の熱さに耐えられず、男のうちに逃げ帰る。(笑)

タヌキは、男に見世物小屋を提案。タヌキの綱渡りは大人気。

男は成功、タヌキも、もう、さみしくない。

 

 

その4

茂林寺というお寺の裏山にタヌキの親子が住んでいました。 

ある寒い寒い冬、お父さんタヌキは、お母さんタヌキに言いました。

「このままでは、子供に食べ物を食べさせることもできない。茶釜に化けるから、お前は人の姿に化けて私を売りに行っておくれ。しばらくはしのげるだろう」

茶釜は、寺の住職に売りました。

でも火にかけられて大騒ぎになり、住職は古道具屋に売ってしまいます。

古道具屋にタヌキはお願いします。

「よそへ売ったりしないでください。芸をして客を呼びますから。」

タヌキは優しい古道具屋さんに報いるため、店先で家族も呼んで見世物をしてお店を繁盛させます。

儲けの半分をタヌキは古道具屋さんからもらい、山に帰ろうとしましたが元にもどれなくなっていました。

きっと、住職をだましたからだと、謝りにいくのですが元にもどりません。

かわいそうに思った住職は、タヌキを寺に引き取り大事にしたそうです。

 

 

270

なるほどね。

シチュエーション的にはいろいろなんですが、見世物をして高利益、というのはすべて共通してましたね。

 

思い出しました。

子供の頃、館林の分福ヘルスセンターというところで、あるショーを見てました。

5歳頃の記憶ではないかと思います。

着物を着た女の人が舞台に脚を上げて寝ていて、脚芸をしていました。

ふすまとかいろんな物を足袋を履いた足先でちょいちょいと回したり飛ばしたりするんです。

着物とお腰がめくれて、脚が突き出している・・。

みんな座敷に座って、少し高くなっている舞台を見ていました。子供ながら、エロティックな印象がありました。

 

茂林寺は一度行きましたよ。

もう17年くらい前になりますけど。(友人が嫁いで行った土地でした)

近いし、また行ってみようかなぁ・・。東武伊勢崎線の旅。

美しい秋の風景・・・。

タヌキいそう・・・。

 

そうそう、茂林寺は、山奥にはないです。(笑)

普通の平地というか、町の中にあったと思うけど。

 

 泣いちゃうバージョン、載せときます。

(ていうかワタシがしばらく見たいから・・・・・)


 

スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

お酒の力でぶんぶく茶釜を選んでしまうVictoria様、素敵ですわ。
一般の女性ならば、まず選ばないところ。
セレクトセンス飛びぬけていらっしゃる。
館林市の道路にこんなにかわいらしいものがあることも、知りませんでしたわ♪

おそれいります・・お嬢様。

v-283しらふでも、いきなり「ごんぎつね」を語りだしてしまうワタシなのですが(勤務先の休憩室にて)、周囲の人がドン引きなのが少し不満ですね。

他に狐ものでは「てぶくろを買いに」も好きです。v-343
非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。