スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛天の酉蔵様、参る・・・番外編


 さて、久々に登場、「飛天の酉蔵」です。 


kzr3-3.jpg


「子連れ狼  第三話 ぶりぶりを仕掛ける女!泣くな大五郎」



皆さま、おまたせしました。酉蔵の実写版をお披露目いたします。

真ん中に、大五郎と拝一刀、右手の着流しで羽織の方が酉蔵。
あれ? 「飛天の酉蔵」って「カムイ外伝」の人でしょって、思うでしょ??

ワタシも始めはおやっと思いましたよ。

たまたま、見るとはなしに見ていた古い再放送の時代劇に酉さまが登場するとは。

名前も酉蔵、女を捨てて修羅の道を生きる男装の美女という設定も一緒です。

演じるのは池上季美子です。

放送されたのは、2002年です。10年前ですね。



子連れ狼の原作は小池一夫、作画は小島剛夕です。小島氏は、白戸三平のアシさんだったそうなので、キャラの貸し借りみたいな事もあったんでしょうか?



ただ、役どころは、女郎屋の元締めの七忘物(自称ヤクザ)。仕掛け人ではありません。生い立ちに訳あって母を憎んでいます。

拝一刀は、女郎屋に売られた若い女を助けるために、身代わりに「ぶりぶり」といわれる折檻を酉蔵等から受けます。

見事耐え抜き女は解放され、酉蔵は拝一刀にという・・・。あらあら・・。


子連れ狼ファンにとって、この酉蔵というキャラはなかなか重要なキャラらしく、他にも浜木綿子や梶芽衣子などの演じた酉蔵もかなり秀逸らしいです。かなり美しいとの事。

浜木綿子の画像は見れましたが、梶芽衣子のは見れませんでした。


硬質で冷たそうな美貌の池上季美子は、ワタシ的にはOKでしたね。ちょっとおねえさんだけど。

2ちゃんでは、酉蔵にぶりぶりされたい、男子がいっぱいいましたよ。





子連れ狼はTVでも映画でも、世界的にも売れた作品だから商業主義モリモリしてるでしよ。
小池一夫だし。(笑) 白戸三平の世界の酉蔵とは違うんですよね。

こちらでは、実写の酉蔵が三人もいたけど、劇画連載の時はいたのかしら??

もしいたら、小島剛夕の描く酉蔵ってどんなでしょうね。




余談ですが、「飛天の酉蔵」の画像を探していたら、ワタシの写真やら(笑)猫達やらがワラワラ出てきて苦笑い。













「飛天の酉蔵」・・・

やはりワタシは

「今さら、女にもどれるけぇ・・・。」

と見事に女を吹っ切ってカムイとの最後の決戦に向かう酉蔵が、好きです。

「いとしいヒト、あなたを殺すのは私だけ。」

という、キーワードを以前のワタシは好んで使っていたけれど、それは違うと今は思う。

白戸三平は、そんなロマンチシズムの作家じゃないし、酉蔵もそんなキャラじゃない。



確かにカムイに惹かれはしただろうし、欲情もした。だから、バッサリ切り辛いところもあったと思うし、カムイもなかなか強くて切らせてくれない。だからと言って、人の手はかけたくない。

酉蔵は、仕掛け人に身を落としてはいるが、常に自分の中の正義に忠実に生きてきた。
だから、カムイが本当に悪い奴か見極めたかったんだと思う。どうも悪には思えない。仕掛けを依頼した極楽堂を疑うことしきり。

最後まで正義として生き、そして悪に陥れられ惨殺された父の生き様が彼女の中にはある。

悪しか切らない、のは彼女の人間としてのプライドで、ただ金の為に誰でも殺す人間ではないんだ、という最後の砦だ。

だから、酉蔵はどんなにその身を血に染めても美しい。



私は、まだ酉蔵の最後は記載していないけれど、その死に様はまさに生き様であって少しも美化されていません。
無残な死に様です。



悪しか切らないといっても、所詮 酉蔵は人斬りですから。







子連れ狼でよく使われる言葉、「冥府魔道」を生きた人生でした。


(小池一夫氏の造語らしいですよ。)






スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

お久しぶり~

おお!飛天の酉蔵再開??

コメント遅くなりましたー。
そして再開おめでとう!
再開に少しだけ力添えできたようで嬉しいわぁ。

へぇ~、酉蔵の実写か~。
梶芽衣子は想像するだによさそうね~~~。
シャープな顔立ちと体のシルエットだし。

これからもいろいろ記してくれるのを期待。
そう、私も粘着質なので、
ひとつのことに貼りついて考えるの好きだもん。

おかえりなさい~

それにしても、「飛天の酉蔵」好きな人多いですわ~。

特に、男性ね。そのままズバリの名前をブログタイトルにして、株式投資のブログやってる人いたわ。プロフィールがゴルゴ13だった。(??)

別に女性の設定でなくていいので、松田翔太の飛天の酉蔵もいいかな、と最近思う。v-238

最近のマイ・フェイバリットは(笑)松田翔太です。
非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。