スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアからの最後の報道

山本さん だい

ジャーナリスト山本美香さん、内戦の激化するシリア、アレッポにて取材中

銃撃戦に巻き込まれ死亡・・

死の直前まで撮影されていた映像からのキャプチャーです

「大丈夫?大丈夫?」と何度もパートナーの佐藤氏に聞かれていて、

落としちゃったカメラの事かなんかを説明してるところみたい




彼女の死の報道を聞いたとき、思い出したのは劇画「サハラ 女外人部隊」の第一章だった。

女外人部隊とは、ポルトガル政権がお金で雇った傭兵。

その時の任務は、激戦の中に取り残されたジャーナリスト達を救出する事。

そして、隊長のヒステリーカの取った戦略とは、ジャーナリスト達を救出せずに全員射殺し、「全員死亡、よって救出不可能」とその場を撤退するという・・・

それまで、銃撃戦の中救出されるのをずっと待ちながら、女外人部隊の凄さを語っていたジャーナリスト達は味方のはずの彼女達に一掃射撃されてしまう・・。

(これは、小池一夫氏のコミックメジャー理論のひとつであって、「キャラクターを立てる」がためにさんざんジャーナリスト達に語らせた挙句、冷酷な殺しを見せ付け、彼女達のキャラクターを強烈に立ち上げる手法・・・。)



ジャーナリストは戦闘要員ではないし、実際には中立であるべき人達であって、攻撃されてはいけない人達のはずですが・・

実際には、多くのジャーナリスト達が命を落としているのが現状です。

内戦の激化する土地で、反政府側の「自由シリア軍」と共に行動している以上、銃撃戦は避けられないしご本人も相当の覚悟があっての現地入りだと思っています。

死は、痛ましいけれど、無駄な死ではないし、立派に彼女は仕事をしたんだと思う。

彼女の最後の撮影映像、そして病院らしき場所での佐藤氏の遺体確認映像、そして「自由シリア軍」の山本美香さんの遺体を携えた(!)声明映像・・。全部見ました。

そして、思った事。誰が、彼女を殺したのか?


「自由シリア軍」は、アサド政権が殺したと言っています。

一緒にいた佐藤氏は、その現場を見ていません。銃撃戦のあと、はぐれたと言っています。

そのあと「自由シリア軍」が佐藤さんに病院へ行くように言います。そして、遺体に対面し確認する。

亡くなった20日、すでにYouTubeに「自由シリア軍」の声明動画は投稿されています。

山本美香さんの遺体が「自由シリア軍」によってプロパガンタに使用されている!!

これは、ニュースでは言われない事ですが、多くの方が憂慮しています。


「アサド政権が、罪のない日本ジャーナリストを殺した。シリアでは市民達が血を流している。」

この声明映像の胡散臭さったらありません。





そもそも、シリアの内戦自体が胡散臭いではありませんか?

以前、「独裁者達の甘い夢」という内容のブログを書きました。



Sweet Dream  are  made of this・・・・(甘い夢はこんな物で出来てる)

独裁者達の甘い夢・・・

Sweet Dream (are made of this )

情報操作で人々をあやつり、意のままに動かそうとする・・・

アサド大統領のことを言ってるわけではありません。

「白人資本による、シリア侵略」ともいう方がいます。私が言ってるのは、コチラの事です。

シリアの女子大生が、フランスのTVインタビューで語っていました。

シリアの反乱は、「シオニストの陰謀」である、とはっきり言っています。シリアの国民の大半は、アサド支持で支持会を持とうとすれば、900万人の人達が集まるそうです。そういう事実を欧米のメディアは伝えないのだという事です。

いやいや、シリアは独裁政治の恐怖国家で、言いたい事が言えないのだ、なんて言う人はいるのでしょうか?


ニュースでは、平和デモに対して政府が血の弾圧をしていると報道しています。本当なのでしょうか?
日本独自の調査した事実なのでしょうか?

欧米のメディアの受け売りなんじゃないでしょうね。




国民の反乱というのは、まったくの捏造で欧米から送り込まれた工作員による、国家転覆運動。

つまりテロですよね。
国民を虐殺しているのは、欧米がシリア外で雇った傭兵とも言われています。

「反シリア政府勢力」=「テロリスト部隊」

アサド政権は、国家転覆を狙うテロリスト達と戦っているのではないですか?
シリアの女のこ

これも、YouTubeで見ました。

「平和デモ隊」という集団が学校を攻撃したそうです。

この女の子の他にも、若者や教師が訴えています。

イスラムの人間ではない・・・と言ってるシーンも。

傭兵か・・・・・。




こういう報道をニュースで見た事ありません。

アサド政権の血の弾圧・・みたいな報道ばかりじゃないですか。

日本、がっかりだ・・・。

2012 2月13日、シリアでCIAtとモサドが組んだデモ隊が市民を虐殺・・・

何、これ??これね、見出しだけでニュースソースがないんですよ。

不思議な中年夫婦のツイッターニュースでやってたんですけど・・・。

このご夫婦、いろんな国のニュースやツイッター読んでいて、なかなかいける。





「自由シリア党」というのは、アメリカの情報機関がバックにあり、アメリカ軍の大佐が訓練と作戦と武器面倒を見ているという
情報もあります。

あの戦場カメラマンの渡部氏のツイッターだったか。
「自由シリア軍」は、イギリスから約六億円の支援を受けているとありました。







山本美香さんは、誰に殺されたのか?

「米アルカイダの自由シリア軍に殺された・・。」

そんな憶測も出ています。
つまり、反シリア感情を煽るための工作に使われたのだと。


政府軍が攻撃したとしても、反政府軍は以前も英国のTVチームを交戦地区に誘導し(!)政府軍に殺させようとした前科があるそうです。英国チームは気がついて生還したので、その悪業がバレたんですけど。

基本、テロリストですから人の命を利用するなんて平気なんですかね・・・。






山本美香さん、貴女の死がなかったら、こんなにシリアの事を考えなかったでしょう。

心からご冥福をお祈りいたします。

冒頭の写真は、信頼するパートナーを見上げる表情があまりに可愛らしくて、キャプチャーしました。










スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

No title

ジャーナリストを標的にした政府軍の狙い撃ちだったようですね。
シリア情勢を国外に知られたくなかったのでしょう。
これは明らかに犯罪なので、日本政府は毅然とした対応をするべきです。
非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。