スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白雪姫みたいな心しかないワタシ・・・って、まさかね(笑)

白雪姫


「白雪姫」それは、愛と嫉妬、そして憎悪の果ての物語・・・

王子が現れてハッピーエンドですが、

いろんな解釈のもとにリニューアルされた映画もいくつかあるようで

戦う白雪姫とかもなんかあったような・・


でも、王子が大変な事になってる場合、また新たなバージョンができますねぇ・・・って・・・


たはは・・・(´;ω;`)





后は、白雪姫への嫉妬心を憎悪にパワーアップさせ、殺意を抱く・・・・

そして毒林檎を仕込んで、白雪姫のもとへと向かうのですが・・。


私は、比喩として「毒林檎を無理やり食べさせられた」という表現をする事があります。

その時の「毒林檎」とは、「悪意に満ちた言葉」です。

愛が心にあるとき、嫉妬心も憎しみもそこには存在しません。


私に毒林檎をねじ込む人達は、愛よりもそういった悪い感情に支配された人達です。




彼女らには、私が白雪姫のように見えるのでしょう。

心になんのよどみもなく、森の中でコビト達と楽しそうに暮らしている・・・。

私が反応しなければ、(毒林檎を拒絶すれば)さらなる仕掛けをかけてくる・・。

私は白雪姫なんかじゃないから、言葉の一撃でかわす事もできるし、聞き流すこともできるし、反論もする。

ただ、言葉というのは生きていて、少なからず私に傷を残していく・・・。

間接的な、あいあまいな表現の言葉のほうが、いつまでも小さな傷跡を残していく。



ある人物を攻撃したかったら、まず身内を殺れ・・というのはヤクザ映画でよくありますが、自分が一番信頼している人物を言葉汚く罵しられたり、中傷されたりするのは耐え難い事です。

それが、私の反応を見たいがためだったら、本当に残念な事です。


まして、その人達がまあ仲が良いと言っていいような人達だったりしたら、人間関係の構築を失敗したなと思うくらいで、そちらの失望感はまるでなく、切っていい人達として仕分けするだけです。

あなた達なんか、もう知らないと。(笑)



その人たちが、嫉妬心に支配されているのは一目瞭然で、どうにもこうにもおさまらない感情を、私に甘えてぶつけているのかもしれませんが、ぶつける相手をお間違えのようです。

その嫉妬心は、二重構造で複雑で(笑)本当に攻撃したい白雪姫は別にいて、そのために私の嫉妬心をあおり、私までを毒林檎魔女にする気なのです。

私が同意しないので、悪言はエスカレートしていくのですが、その時の相手の醜さといったらありませんよ。




反撃したものの、怒りがおさまらない私は、毒林檎の毒が回ったのか、この事を本当の白雪姫に伝えてしまいました。

この姫は、本当に強い姫なので(笑)その事を王子様に進言。そして姫は、信頼していた人間が魔女だったことに衝撃を受けてしまったようです。

早く気付いてよかったじゃん?というべきか(笑)、余計なお世話だったかもしれないんだけれど、少なからず毒に私も当てられたようですね。認めます。

まあ、王子様への罵詈雑言はジェラシー故と黙っていてあげましょう。(笑)


ありがたいと思えよ。(笑)


たのむよ、みんなもっといい子に。

王子は他の(スゴイ)白雪姫の事で身も心も憔悴しきってるんだからさぁ・・・。((´;ω;`)

まあ、自業自得なんだけど。ほほ・・・。



(あら、まだ毒が残ってるみたい。
スポンサーサイト
ゲームの設置方法

Comment

非公開コメント

プロフィール

Sister Victoria

Author:Sister Victoria
いつも訪れてくださってありがとうございます。

<今日の一言>

3月 13日 (金)

いやはや、早いもので明日はホワイトディです。

今までは、バレンタインはひとりでしたが、今年は複数です。今年は、6個買ってます。おお!

ファーストとセカンド、完全に間違いましたね。(笑)

まあ、こんな間違いも経て、大事なものを再認識するのですよ・・。てへへ。

まあ、こらしめに残しておきます。シェリごっこは、終了かな。

*****

2月 8日 (日)


26歳の頃、初めて「シェリ」を読んだ。

レアはとても大人に思えた。今、レアと同世代になって

レアのような恋ができるなんて幸せ。

彼を大事に思って、生きていきます。彼の母親に敬意を

払いつつ・・。






***************

この一言は残します。



秋の陽だまりに眠るクロッケを忘れないために。

それと、私にとっての断捨離のために。




10月 8日 (水)

わりと、残暑の残る秋ですね。

日中、部屋にいると汗ばむのです。

新しい仕事も落ち着いたのか、頭の整理もついたのか、変な夢も見なくなりました。

黒猫クロッケの老いを最近ひしひしと感じる。この秋も悔いのないように彼に接しよう・・。

この世で一番私を気にして生きていてくれる大事な存在。

あっちの彼は(笑)、世界で一番私に気にしていて欲しい人。少しくらい放置しても、他に愛がたくさんあるみたいだから大丈夫です。(笑)

クロッケは今私の部屋でお昼寝中です。

彼の寝息が聞こえる、平和な秋のお昼どきです。

今日はこれから、美容院です。

automatic translation
English
♥. ♠. ♣Alice
愛のカレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。